春の大通公園-令和4年4月28日

札幌でも先日、桜の開花宣言がなされました。コロナ禍の中で、なるべく外出は避けていましたが、年に一度の花見はぜひ見たいと思い大通公園と隣接する札幌市資料館、札幌市教育文化会館を巡り春の花を見に行きました。

コース内の人出はそれほど多くはなく、ゆっくりと見学ができ、久しぶりにさまざまな花々と出会いました。

サクラでは淡紅色の花が咲くソメイヨシノ、エゾヤマザクラのほか小ぶりのチシマザクラも見られました。特に教育文化会館前庭にあるソメイヨシノは樹形が整い見栄えがしました。

その他、モクレンの仲間では白い大きな花が特徴のキタコブシ、ヒメコブシ、シモクレンとハクモクレンの交雑種で樹形がよく大輪の花を咲かせるサラサモクレン、黄色い花のレンギョウ、白い花のユキヤナギ、シロボケ、紅紫色のエゾムラサキツツジ、ハナズオウ、淡紅色のブンゴウメなどが見られました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄大通駅)~大通公園(西1丁目~西12丁目)~札幌市資料館~札幌市教育文化会館~終点(JR札幌駅)
  • 距     離 :4.1km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2022/4/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

円山動物園-令和4年3月20日

今回はまだまだ雪の残る円山動物園を訪れました。コロナ禍の中、外国人観光客も少ないため日曜日ですが人出は少ないように感じました。
しかし、動物たちは元気でした。屋外ではホッキョクグマやレッサーパンダ、屋内ではカバやゾウなどがゆうゆうと、あるいは元気よく動き回っていました。
円山動物園で一番人気のホッキョクグマ館では、水槽の中を泳ぎ回るアザラシ達が水中トンネルから見られ子供たちが歓声をあげています。
今回見た動物はこのほかにハイエナ、エゾヒグマ、水鳥(シュバシコウ、アオサギ、ゴイサギ)、ユキヒョウなどがいます。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(円山動物園西門)~カバ・ライオン館~ゾウ舎~エゾシカ・オオカミ舎~ホッキョクグマ館~総合水鳥舎~アジアゾーン高山館~終点(円山動物園西門)
  • 距     離 :1.5km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2022/3/20
  • アクセス :円山動物園へは地下鉄円山公園駅からJRバス動物園線に乗車し円山動物園西門バス停下車すぐです。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

道庁前庭の紅葉-令和3年10月30日

今回のコースは、北3条広場と道庁前庭にある2つの池を巡り、見頃となった紅葉(黄葉)を楽しみます。
北3条広場では歴史あるイチョウ並木の黄葉と奥にそびえる道庁赤レンガ庁舎が見所です。また道庁前庭では2つの池の周りを彩る紅葉(黄葉)が池に映り込む様子が見所です。
コースで見られた紅葉の樹種には、ヤマモミジ、ツタ、ドウダンツツジ、ナナカマドなど、黄葉の樹種にはアサダ、トチノキ、イチョウ、ハリギリ、シラカバなどがありました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(JR札幌駅)~札幌駅前通~北3条広場~道庁赤れんが庁舎~北の池~南の池~終点(JR札幌駅)
  • 距     離 :1.8km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2021/10/30
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

大通公園の紅葉-令和3年10月19日

今回のコースは、大通公園西1丁目のさっぽろテレビ塔から西12丁目を折り返して西1丁目のさっぽろテレビ塔に戻る紅葉巡りのコースです。往路は公園の南側の園路を進み復路は北側の園路を進みます。
大通公園は春から秋にかけてはさまざまな花が咲き誇りますが、秋も深まり気温も下がってくると咲く花も少なくなり、紅葉(黄葉)の始まる季節になります。
大通公園の樹種で紅葉のきれいな木には、ハウチワカエデ、サトウカエデ、ヤマモミジなどのカエデ類とエゾヤマザクラ、カスミザクラなどのサクラ類、その他ニシキギ、ヤマボウシ、ナツツバキ、ドウダンツツジなどがあります。
黄葉のきれいな木にはイタヤカエデ、ハルニレ、イチョウ、カツラ、プラタナス、ユリノキなど多数あります。
そのほか果実も成熟し美しい色に変わります。主なものではナナカマド、イチイ、ズミ、ツルウメモドキがあります。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(さっぽろテレビ塔)~西1丁目~西2丁目~西3丁目~西4丁目~西5丁目~西6丁目~西7丁目~西8丁目~西9丁目~西10丁目~西11丁目~西12丁目~終点(さっぽろテレビ塔)
  • 距     離 :3.0km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2021/10/19
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

山鼻川緑地と真駒内を巡る-令和3年9月28日

今回のコースは地下鉄澄川駅を出て、平岸通、福住桑園通、真駒内通、五輪通などを通り、通過する市街地の街並みや色づいてきた街路樹を楽しみながら、また途中にある藻岩下公園、豊平川緑地、山鼻川緑地、真駒内公園、真駒内曙公園などでは、遊具やスキー山で遊ぶ家族連れや幼稚園の園児たちの元気のよい姿を見たり、水辺の親水ゾーンではのんびりと散策したり、さらに観光スポットでは斜張橋が美しいミュンヘン大橋や戦前に建造された藻岩発電所を見学して歴史を学んだりして、最後に地下鉄自衛隊前駅に向かうコースです。


<データ>
  • 所在地 :南区、豊平区、中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄澄川駅)~ミュンヘン大橋~藻岩下公園~豊平川緑地~山鼻川緑地~藻岩発電所~真駒内公園~真駒内曙公園~終点(地下鉄自衛隊前駅)
  • 距     離 :9.2km
  • 時     間 :3.5時間
  • 撮影日 : 2021/9/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

花手水めぐり-令和3年7月23日

神社や寺院には参拝する前に手や口を清めるための手水舎(ちょうずや)があります。手水舎内の水盤や鉢には常に水が流れていて、参拝者はその水を柄杓ですくって清めますが、この水を手水(ちょうず)と呼びます。
花手水(はなちょうず)とは参拝者の心を和ませるために水盤や鉢に花を浮かべて飾り付けることをいいます。
札幌では市内や近郊の神社が、2020年から「花手水めぐり」とか「花詣」の名前でイベントを始めていますが、今回のコースではこのうち東区の諏訪神社と中央区の弥彦神社、札幌護国神社の花手水を巡ります。
途中には創成川公園もあり見ごろになったへメロカリスの花を歩きながら鑑賞します。


<データ>
  • 所在地 :東区、中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄北13条東駅)~諏訪神社~日本基督教団札幌教会~創成川公園~中島公園~彌彦神社~札幌護国神社~終点(地下鉄幌平橋駅)
  • 距     離 :5.0km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2021/7/23
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

夏の大通公園-令和3年7月21日

連日の猛暑の中ですが、大通公園は大きな樹木が多くあるため木陰のベンチでは、のんびり休む人や食事をする人、読書をする人など思い思いの方法で時間を過ごしています。
園内にある沢山の噴水からは勢い良く水が出て、カナールには水が流れ、花壇にはスプリンクラーによる散水が行われて見ているだけで涼を誘います。また遊水路を利用した水遊び場では子供たちが楽しそうに遊びまわっています。
この時期の大通公園の見所は西12丁目のバラ園で咲き誇るバラの花と西7丁目のアメリカノウゼンカズラのオレンジの大きな花です。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄西11丁目駅)~カナール~バラ園~西11丁目噴水~東京五輪モニュメント~遊水路~西7丁目噴水~インフォメーションセンター~聖恩碑噴水~札幌駅前通地下歩行空間~終点(JR札幌駅)
  • 距     離 :2.4km
  • 時     間 :1.0時間
  • 撮影日 : 2021/7/21
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

中島公園の花-令和3年6月18日

6月に中島公園に来るのは初めてになりますが、たくさんの花が咲いていました。
香りの広場では、ノイバラ、ルブリフォリアバラ、コンスタンス・スプライなどのバラの花、バイカウツギ、トサシモツケの白い花、珍しいギョリュウの花も咲いていました。
このほかコンサートホール・キタラ近くではニセアカシアの高木に白い花、天文台近くではオオヤマレンゲの大きな白い花、菖蒲池の近くではキショウブの黄色い花やオオベニウツギの真っ赤な花が咲いていました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄幌平橋駅)~中島体育センター~香りの広場~豊平館~日本庭園~菖蒲池~起点(地下鉄中島公園駅)
  • 距     離 :1.6km
  • 時     間 :1.0時間
  • 撮影日 : 2021/6/18
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

都心の花散策2-令和3年5月12日

今回は「都心の花散策-2021/5/4」の続編です。ただしルートは起点を大通公園のテレビ塔、終点を円山公園駅に変更しました。
前回では満開であったエゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、チシマザクラはすでに葉桜となり、つぼみ状態であったヤエザクラやカスミザクラが満開になりました。クロフネツツジとサラサモクレンはまだきれいに咲いています。
そのほかライラック、バイカウツギ、ヤマツツジ、ハナズオウも咲き始めました。
見どころは札幌の桜の名所の一つになっている市道南4条線の桜並木です。西20丁目通から環状通まで間約900mにわたってヤエザクラが咲き揃う光景は壮観です。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄大通駅)~大通公園~道庁赤レンガ庁舎~大通公園~教育文化会館~札幌医大遊歩道~市道南4条線~南円山さくら公園~市道西27丁目線~終点(地下鉄円山公園駅)
  • 距     離 :6.1km
  • 時     間 :2.5時間
  • 撮影日 : 2021/5/12
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北大植物園-令和3年5月7日

今までは桜のスポットを中心に歩いてきましたが、今回は植物の種類が多い北大植物園で春に咲くそのほかの花も見てきます。
園内のサクラ類では、散り始めたエゾヤマザクラに代わってシダレザクラ、タカネザクラ、オオシマザクラ「手毬」が咲き始めています。
ツツジではアズマシャクナゲ、クロフネツツジ、ムラサキヤシオなどが咲いています。
そのほかニリンソウ、シラネアオイ、エンレイソウ、ヒトリシズカ、キジムシロ、チシマキンバイなどの多年草やユキヤナギ、ボケ、ヤマブキ、チングルマなども咲いています。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(正門)~宮部金吾記念館~灌木園~サクラ林~北方民族植物標本園~バラ園~高山植物園~終点(正門)
  • 距     離 :1.5km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2021/5/7
  • アクセス :北大植物園へはJR札幌駅または地下鉄大通駅より徒歩10分です
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 10