平岡シュヴァービングの森-令和4年5月30日

シュヴァービングはドイツのミュンヘン市街にある地区のひとつで、緑豊かな森や公園、庭園、散策路、池などが配置されて、住む場所としては最高の環境を持っています。
平岡4~6条にまたがる宅地開発は、シュヴァービングを手本として進められ、この地域もシュヴァービングと呼ばれています。
シンボルとなる森(シュヴァービングの森)には昭和初期からの姿をとどめている雑木林をそのまま存続させています。
同時に緑豊かな環境に必要な公園(平岡はるにれ公園、平岡ぼだいじゅ公園、平岡東公園、平岡中央公園など)、緑地(平岡杜のみち)、街路樹(市道など)なども造成されています。
今回のコースは、シュヴァービングと呼ばれる住宅地とシュヴァービングの森、シュヴァービングを取り囲む緑豊かな公園や緑地、街路樹を見ていきます。
ちなみに、シュヴァービングという地名は存在しませんが、バス停の名前や町内会の名前に使われています。


<データ>
  • 所在地 :厚別区、清田区
  • 経     路 :起点~地下鉄大谷地駅~シュヴァービングの森~平岡杜のみち~札幌南徳洲会病院~平岡ぼだいじゅ公園~平岡中央公園~終点
  • 距     離 :4.2km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2022/5/30
  • アクセス :終点からは、最寄りの平岡4条2丁目バス停(1)が地下鉄大谷地駅、平岡4条2丁目バス停(2)が地下鉄新さっぽろ駅まで運行しています。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

厚別山本公園と川下公園を巡る-令和4年5月24日

今回のコースは、厚別区にある厚別山本公園と白石区にある川下公園という2つの総合公園を巡ります。

厚別山本公園は、ごみ埋立処分場跡地に造成される敷地面積が52haという広大な公園で2014年着手2025年完成の予定です。また標高が入口の市道より10mほど高いため見晴らしがよく、展望台からは市内や周辺の山々が360度見渡せます。
現在までにパークゴルフ場、ビオトープ、遊びの広場、展望広場などの施設や駐車場が完成しています。

川下公園はライラックの公園として有名で「ライラックの森」では世界中から集められた200種、1,700本のライラックが5~6月に咲き誇ります。また、さっぽろライラックまつりの会場となっていて、今年は5月28日~29日に行われますが、すでに満開になっていて多くの市民が訪れています。


<データ>
  • 所在地 :白石区、厚別区
  • 経     路 :起点~札幌白陵高校~厚別山本公園~川下公園~終点
  • 距     離 :7.8km
  • 時     間 :2.5時間
  • 撮影日 : 2022/5/24
  • アクセス :札幌白陵高校へはJR札幌駅、地下鉄菊水駅からJRバス米里線で終点白陵高校前下車すぐです。
    川下公園からは徒歩5分ほどで中央バス白石高校前バス停(1)または(2)に着き、(1)からは地下鉄白石駅、JR白石駅、札幌駅前まで、(2)からは地下鉄白石駅、同新さっぽろ駅、JR白石駅、札幌駅前までの便があります。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

新川・新琴似を巡る(その2)-令和4年5月17日

今回のコースは、5月10日(新川・新琴似を巡る)の続きで新川皇大神社から新川中央公園、コーチャンフォー新川通り店、新川西札ふれあい公園などを経て中央バスの新川営業所までを歩きます。

天気に恵まれ、コースの途中では雪の残る手稲山の山頂がくっきりと見られました。また公園や学校などの庭にはライラックの花が今を盛りに咲いていました。

また、コース内には「北区歴史と文化の八十八選」に選ばれた新川皇大神社内の27番「馬頭大神」と新川中央公園内の29番「新川開基百年記念碑」があり、開拓時代の苦労がしのばれます。

 


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :起点~新川皇大神社~新川中央公園~札幌新川高校~新川サイロ公園~コーチャンフォー新川通り店~新川のかぜ緑地~新川西札ふれあい公園~中央バス新川営業所~終点
  • 距     離 :4.6km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2022/5/17
  • アクセス :新川皇大神社へは札幌駅前、地下鉄北24条駅、同宮の沢駅、同発寒南駅、同琴似駅から神社近くの西陵橋バス停と新川3条13丁目バス停まで中央バスの便があります。また、中央バス新川営業所バス停からは札幌駅前、地下鉄北24条駅、同麻生駅、同宮の沢駅、同琴似駅、同発寒南駅までの便があります
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

新川・新琴似を巡る-令和4年5月10日

今回のコースは、JR新川駅から西陵橋近くにある新川皇大神社までのおよそ5kmを歩き、北区新川地区と新琴似地区の公園と街並みなどを見て回ります。

コースの途中には中規模の公園である新琴似二番通公園と新光公園があり、それぞれスポーツ施設や遊戯施設が整っています。また樹木が多く緑の中を通る園路はウォーキングや散歩のコースとなっています

最後に訪れた新川皇大神社は鮮やかな朱色の鳥居が目を見張りますが、最近では手水に色々な花を浮かべた花手水が有名です。

また沿道や公園ではヤエザクラ、ツツジ、シバザクラ、チューリップなどの花が咲き、続いてライラックやフジの花も咲き始めていました。札幌はこれからが花の季節です。​

 


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :起点(JR新川駅)~新琴似二番通公園~新光公園~終点(新川皇大神社)
  • 距     離 :4.7km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2022/5/10
  • アクセス :新川皇大神社からは近くの西稜橋バス停より地下鉄北24条行きが、新川3条13丁目バス停よりJR札幌駅、地下鉄宮の沢駅、地下鉄発寒南駅、地下鉄琴似駅行きが運行しています
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

春の大通公園-令和4年4月28日

札幌でも先日、桜の開花宣言がなされました。コロナ禍の中で、なるべく外出は避けていましたが、年に一度の花見はぜひ見たいと思い大通公園と隣接する札幌市資料館、札幌市教育文化会館を巡り春の花を見に行きました。

コース内の人出はそれほど多くはなく、ゆっくりと見学ができ、久しぶりにさまざまな花々と出会いました。

サクラでは淡紅色の花が咲くソメイヨシノ、エゾヤマザクラのほか小ぶりのチシマザクラも見られました。特に教育文化会館前庭にあるソメイヨシノは樹形が整い見栄えがしました。

その他、モクレンの仲間では白い大きな花が特徴のキタコブシ、ヒメコブシ、シモクレンとハクモクレンの交雑種で樹形がよく大輪の花を咲かせるサラサモクレン、黄色い花のレンギョウ、白い花のユキヤナギ、シロボケ、紅紫色のエゾムラサキツツジ、ハナズオウ、淡紅色のブンゴウメなどが見られました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄大通駅)~大通公園(西1丁目~西12丁目)~札幌市資料館~札幌市教育文化会館~終点(JR札幌駅)
  • 距     離 :4.1km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2022/4/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>