篠路神社例祭と篠路獅子舞-令和元年9月8日

篠路神社は安政2年(1855年)江戸幕府の役人荒井金助が前身の若宮八幡を創祀したのが始まりの札幌最古といわれる神社です。
境内には「馬魂碑」と「力士・小松山之碑」の2つの碑がありどちらも北区の貴重な文化遺産として「北区歴史と文化の八十八選」に選定されています。
また篠路神社の秋の例祭で奉納される篠路獅子舞は明治34年(1901年)に演じられたのが始まりといわれる郷土芸能で「北区歴史と文化の八十八選」にも選定されています。
篠路獅子舞は、頭から尾まで6メートルという大きな獅子を大人8人が胴体に入り操り、「獅子取り」と呼ばれる子ども2人が獅子を先導し、それを笛、太鼓、鐘のはやし衆が盛り上げます。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/9/8
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

琴似神社秋季例祭-令和元年9月4日

琴似神社は明治8年に屯田兵として入植した宮城県の旧亘理藩士らが藩祖伊達成実を祀ったのが始まりで札幌でも古い神社の一つです。
境内には北海道指定有形文化財の琴似屯田兵屋、琴似兵村五十年記念塔、忠魂碑、「琴似屯田授産場址」碑などがあります。お祭りは春季大祭が毎年5月27日、秋季例祭が9月4日に行われ特に秋季例祭は神輿渡御、山車巡行のほか奉納演芸や子供相撲大会などが行われ露店も琴似栄町通沿いに出店され大変賑やかです。
今回の撮影は、 神輿渡御、山車巡行を中心に琴似栄町通の八軒会館から琴似神社の間で行いました。


<データ>
  • 所在地 : 西区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/9/4
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>