五天山公園の桜

標高およそ300mの五天山の裾野に広がる五天山公園にはパークゴルフ場、炊事広場、子供の遊び場、芝生広場などがあり大人から子どもまで多くの市民が楽しめる公園です。また春には桜、秋には紅葉が楽しめます。
今回のコースでは、満開の桜が楽しめました。


<データ>
  • 所在地 :西区
  • 起 点 :公園出入口
  • 終 点 :公園出入口
  • 経 路 :公園出入口~水車小屋~管理事務所~パークゴルフ場~芝生広場~池~子どもの遊び場~炊事広場
          ~公園出入口
  • 距 離 :km
  • 時 間 :0.5時間
  • 撮影日 :2024/4/27
  • アクセス :JR琴似駅、地下鉄発寒南駅、地下鉄琴似駅よりJRバス発41 西野福井線にて「五天山公園」下車すぐです。
          なお時間帯により「五天山公園」に止まらない便もありますので1つ前の「福井10丁目」で下車してください。
          徒歩約5分で公園に着きます。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

あいの里桜めぐり

あいの里には緑道が多くあり様々な樹木が植栽されています。
今回のコースは桜めぐりということで一般道の「あいの里北公園通」と緑道の「あいの里せせらぎ緑道」を歩きました。
桜ではエゾヤマザクラが満開を迎えています。その他、キタコブシがきれいな白い花を咲かせ、シダレヤナギは黄緑色の若葉が伸び新緑に輝いていました。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 起 点 :JRあいの里教育大駅
  • 終 点 :JRあいの里教育大駅
  • 経 路 :JRあいの里教育大駅~あいの里学園通~あいの里せせらぎ緑道~あいの里北公園通~あいの里中央通~茨戸福移通~あいの里駅前緑道~JRあいの里教育大駅
  • 距 離 :3.4km
  • 時 間 :1.0時間
  • 撮影日 :2024/4/27
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

月寒河畔緑地の桜並木

月寒河畔緑地は月寒川河川敷を利用した緑地で、JR千歳線鉄橋付近からあかつき橋までのおよそ1.3km続く緑地です。
そのうち霜踏橋からあかつき橋までの区間に桜並木があります。
樹種はエゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、ヤエザクラのほかスモモやウメがあり、咲く時期が異なるため長い期間花を楽しむことができます。


<データ>
  • 所在地 :白石区
  • 起 点 :地下鉄南郷13丁目駅
  • 終 点 :地下鉄南郷13丁目駅
  • 経 路 :地下鉄南郷13丁目駅~新あかつき橋~あかつき橋~月寒河畔緑地(右岸)~霜踏橋~月寒河畔緑地(左岸)~東白石小学校~地下鉄南郷13丁目駅
  • 距 離 :1.6km
  • 時 間 :1.0時間
  • 撮影日 :2024/4/26
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

福住小川公園の桜

福住小川公園は1haに満たない小規模な公園ですが園内には、桜が多く植栽され桜の名所として有名です。また、園内にはうらうちない川が流れていて水遊びのできる公園でもあります。


<データ>
  • 所在地 :豊平区
  • 起 点 :地下鉄福住駅
  • 終 点 :地下鉄福住駅
  • 経 路 :地下鉄福住駅~イトーヨーカドー福住店~札幌ハリストス正教会~福住小川公園~地下鉄福住駅
  • 距 離 :1.3km
  • 時 間 :1.0時間
  • 撮影日 :2024/4/26
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

東区元町地区の桜を巡る

今回のコースの目玉は、市道元町北26条線と市道元町中央15号線にまたがる全長約700mのエゾヤマザクラ並木です。中央分離帯に植栽されているため枝が両側の道路を覆うように伸びています。
その他、コース沿いの元町小学校、札幌中学校、伏古川水再生プラザ、一の村公園、パープルロードなどの桜も見事に咲いていて見ごたえがあります。


<データ>
  • 所在地 :東区
  • 起 点 :地下鉄元町駅
  • 終 点 :地下鉄元町駅
  • 経 路 :地下鉄元町駅~元町小学校~市道元町北26条線~市道元町中央15号線~パープルロード~伏古川水再生プラザ~一の村公園~宮の森北24条通~地下鉄元町駅
  • 距 離 :4.3km
  • 時 間 :1.5時間
  • 撮影日 :2024/4/26
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

なえぼさくら公園と二番街の桜並木

札幌にも桜の開花宣言が出され市内の桜の名所には、市民が大勢訪れることと思います。
今回は、中央区にある「なえぼさくら公園」と二番街通りの桜並木を巡ります。また途中にある創成川公園と大通公園の桜も楽しみたいと思います。
桜の状況はほぼ開花から満開の間でしたが、一部ではすでに散り始めているところも出ていました。
今年は例年以上に開花が早くなっていて、訪れる時期を決めるのが難しくなってきました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 起 点 :北1東10バス停
  • 終 点 :地下鉄豊水すすきの駅
  • 経 路 :北1東10バス停~なえぼさくら公園~創成川公園~大通公園~市道西2丁目線(二番街通り)~地下鉄豊水すすきの駅
  • 距 離 :2.3km
  • 時 間 :1.0時間
  • 撮影日 :2024/4/26
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

百合が原公園

雪に覆われた札幌の街も、ようやく雪が解け暖かくなってきました。花の便りも聞こえてきたので早速、百合が原公園に行きました。
最初に見たのは、札幌ではあまり見かけないシナマンサクの花ですが、黄色い花が咲いていました。マンサクというのは東北の言葉で「まず(最初に)咲く」から来たといいますが、その通りでした。
次に見たのはモクレン属の園芸品種「マグノリア ’メリル’」と「マグノリア スーランジアナ ’アルバ’」です。白い大きな花が魅力です。
また、草花ではこの時期にはおなじみのチオノドクサ、プシュキニア、スノードロップ、ヘルボレス ニゲル、クロッカス、シクラメン コウムが花を咲かせていました。


<データ>
  • 所在地 :北区、東区
  • 起 点 :地下鉄栄町駅
  • 終 点 :JR百合が原駅
  • 経 路 :地下鉄栄町駅~百合が原公園出入口~世界の百合広場~リリートレイン駅~緑のセンター~ロックガーデン~ヒースガーデン~管理事務所~JR百合が原駅
  • 距 離 :3.4km
  • 時 間 :1.5時間
  • 撮影日 :2024/4/15
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

第74回さっぽろ雪まつり

2024年(第74回)のさっぽろ雪まつりは2月4日から2月11日までの8日間、大通、すすきの、つどーむの3会場で開催されます。
今回のコースは、このうち「大通」と「すすきの」の2会場を巡ります。
大通会場では西1丁目から西10丁目にわたり大雪像5基をメインとして中小の雪像や市民雪像が製作展示されます。
そのほか、西1丁目ではカーリング体験、西2丁目では札幌国際芸術祭2024、西11丁目では国際雪像コンクールが開催されます。
札幌駅前通の南4条から南6条までの車道区間を利用したすすきの会場では、魚入り氷像やキャラクター氷像など60基の大小の氷像が展示されます。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 起 点 :地下鉄大通駅
  • 終 点 :JR札幌駅
  • 経 路 :地下鉄大通駅~大通会場~すすきの会場~JR札幌駅
  • 距 離 :5.0km
  • 時 間 :2.5時間
  • 撮影日 :2024/2/6
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

令和6年 初詣その2

今回は東区の札幌村神社、中央区の彌彦神社と手稲区の星置神社に出かけましたが、正月2日目の人出はだいぶ減ったようです。
札幌村神社は明治32年創立の神社です。札幌村神社の所在地は現在札幌市東区となっていますが、かつては札幌市のほかに札幌村が存在しており、その氏神として地域の崇敬を受けていました。札幌村はなくなりましたが神社の名前として残されています。
また彌彦神社は新潟県から移住された人々が、明治末、小祠を建立したのが始まりです。神社の名前は彌彦(やひこ)と伊夜日子(いやひこ)の2つの名前が使われます。
星置神社は星置に入植した広島県、山口県などの人たちが心の拠り所として明治20年頃に小祠を建立したのが始まりです。現在では”若かえる”、”無事かえる”、”栄える”に通じることから様々なことに願いが叶う「撫(な)でカエル」や縁結びの御神木「むすびの銀杏」が人気を集めています。また神社は高台にあるため見晴らしがよく、晴れた日には日本海が望めます。


<データ>

札幌村神社コース

  • 所在地 :東区
  • 起 点 :地下鉄環状通東駅
  • 終 点 :札幌村神社
  • 経 路 :地下鉄環状通東駅~札幌村神社
  • 距 離 :0.3km
  • 時 間 :0.1時間
  • 撮影日 :2024/1/2

彌彦神社コース

  • 所在地 :中央区
  • 起 点 :地下鉄幌平橋駅
  • 終 点 :彌彦神社
  • 経 路 :地下鉄幌平橋駅~彌彦神社
  • 距 離 :0.2km
  • 時 間 :0.1時間
  • 撮影日 :2024/1/2

星置神社コース

  • 所在地 :手稲区
  • 起 点 :JRほしみ駅
  • 終 点 :星置神社
  • 経 路 :JRほしみ駅~星置神社
  • 距 離 :0.8km
  • 時 間 :0.2時間
  • 撮影日 :2024/1/2
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

令和6年 初詣

令和6年の初詣は東区の札幌諏訪神社と西区の発寒神社に出かけましたが、どちらも初詣の人たちの列が長く続き大変混雑していました。
札幌諏訪神社は明治10年に御柱祭で有名な長野県の諏訪大社の御分霊を勧請したのが始まりの古い神社です。最近では花手水も有名でたくさんの人々が訪れています。
また発寒神社は安政3年(1856)に幕臣17名がこの地に移住し稲荷社を創建したのが始まりの札幌で最も古い神社の一つです。


<データ>

札幌諏訪神社コース

  • 所在地 :東区
  • 起 点 :地下鉄北13条東駅
  • 終 点 :札幌諏訪神社
  • 経 路 :地下鉄北13条東駅~札幌諏訪神社
  • 距 離 :0.2km
  • 時 間 :0.1時間
  • 撮影日 :2024/1/1

発寒神社コース

  • 所在地 :西区
  • 起 点 :JR発寒中央駅
  • 終 点 :発寒神社
  • 経 路 :JR発寒中央駅~発寒神社
  • 距 離 :0.3km
  • 時 間 :0.1時間
  • 撮影日 :2024/1/1
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 37