都心散歩-平成31年1月31日

札幌駅から桑園駅、道立近代美術館、円山公園駅、札幌医大、中央区役所、大通、札幌駅前通を経て札幌駅に戻るコースです。
1月下旬は一年でも最も寒く積雪の多い時期ですので服装や水分補給に十分気を付けながら歩きました。手袋はビデオ操作に便利な先端が切れているもの、マフラーは汗をかきやすいので着脱が容易なもの、帽子は耳当て兼用のものを着用し、靴も深雪用に長めのブーツにしました。
冬は運動不足になりがちなので今回は行程は10km、所要時間は4時間を目標としましたが結果はほぼ予定通りでした。


<データ>
  • 所在地 : 中央区
  • 経     路 :
      JR札幌駅~北大ポプラ並木~JR桑園駅~ミニ大通の雪の緑道~道立近代美術館~円山開村記念碑~旧界川遊歩道~札幌医大~中央区役所~札幌景観資産「永井邸」~札幌駅前通地下歩行空間~JR札幌駅
  • 距     離 : 10.9km
  • 時     間 : 4.0時間
  • 撮影日 : 2019/1/31
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北大キャンパス-平成31年1月16日

真冬の北海道大学を訪ねました。春から夏にかけては緑が一杯のキャンパスですが今は一面の雪景色です。
正門から中央ローン、農学部前、エルムの森と続く緑地は雪の中で静まり返り、イチョウ並木やポプラ並木、シラカバ並木なども葉を落とし、じっとしています。
そんな中、学生や教職員が徒歩や自転車、巡回バスなどで忙しく移動していました。将来、再びノーベル賞受賞者が北大から出てくるのを願っています。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
      北大正門~中央ローン~農学部~エルムの森~理学部校舎~ポプラ並木~工学部校舎~イチョウ並木~低温科学研究所~創成研究機構~獣医学部校舎~医学部校舎~法学部校舎~北大正門
  • 距     離 : 6.2km
  • 時     間 : 2.0時間
  • 撮影日 : 2019/1/16
  • アクセス :北大正門へはJR札幌駅から徒歩約5分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

都心散歩-平成30年12月13日

年の瀬も迫りこの一年を振り返ると札幌でも胆振東部地震とそれに伴うブラックアウトという出来事が発生して大きな被害をもたらしました。
そんな中でも都市は日々変化しています。今回は札幌都心で平成最後の年30年に新しく誕生した施設や改装して新しくなった施設を中心に歩きました。
一つ目は「さっぽろ創世スクエア」の誕生です。オフィスと文化芸術施設の複合という珍しい形態の高層ビルです。二つ目は苗穂駅の移転です。函館線をまたぐ自由通路で南北がつながりました。駅舎は橋上駅になっています。そのほか札幌市時計台の塗装修理が終わり一段と見栄えが良くなりました。道指定文化財旧永山邸の改修により併設の「旧三菱寮」に喫茶店、展示スペースができました。
またまだ完成はしていませんが札幌市中央体育館とNHK札幌放送会館の移転工事も行われており今後が楽しみです。


<データ>
  • 所在地 : 中央区
  • 経     路 :
      旧JR苗穂駅~新JR苗穂駅~自由通路~カトリック北一条教会~旧永山武四郎邸~新中央体育館~さっぽろ創生スクエア~西2丁目地下歩道~札幌市時計台~ギャラリー大通美術館~NHK新札幌放送会館~道庁赤レンガ
  • 距     離 : 6.8km
  • 時     間 : 4.0時間
  • 撮影日 : 2018/12/13
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

篠路・拓北・あいの里-平成30年11月7日

今回のコースは学園都市線沿線にある晩秋の篠路、拓北、あいの里を訪ねます。これらの地域は札幌でも早くから開拓がはじまり特に篠路の開拓は江戸時代の安政年間だそうです。
戦後、札幌の人口増加が続いた1960年代に拓北地区、1980年代にはあいの里地区に大規模な住宅団地が造成され地域が発展してきました。団地内には自然の川や沼や林を残しそれぞれ公園、緑地、緑道として整備されました。団地の周りには田や畑などの農地が広がり田園地帯を形成しています。
見どころは紅葉ですがすでに葉の落ち始めている木々が多くある中、イチョウだけは鮮やかな黄色に色づいていました。特に「北区歴史と文化の八十八選」にある龍雲寺の大イチョウの黄葉は見事なものでした。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
      あいの里公園駅~あいの里公園~札幌大橋~あいの里緑道~北海道教育大学~拓北公園~龍雲寺~創成川~篠路駅
  • 距     離 : 13.2km
  • 時     間 : 4.0時間
  • 撮影日 : 2018/11/7
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

平岡樹芸センター-平成30年11月4日

今日は平岡樹芸センターの今年の最終日です。来年の4月29日まで休園となりますので急ぎ出かけました。
平岡樹芸センターは狭い敷地ながら多種多様の樹木が植栽されていて特に春の桜と秋の紅葉が見所になっています。
最終日となって大勢の市民が訪れ、思い思いに紅葉の写真を撮っていました。


<データ>
  • 所在地 : 清田区
  • 経     路 :
      駐車場入口~桜並木~水琴窟~ドライウォールガーデン~ロックガーデン~西洋庭園~芝生広場~日本庭園~紅葉並木~管理事務所
  • 距     離 : 1.5km
  • 時     間 : 1.5時間
  • 撮影日 : 2018/11/4
  • アクセス :地下鉄大谷地駅から中央バス平岡ニュータウン線または大谷地柏葉台線にて平岡4条2丁目バス停下車すぐです。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

精進川緑地と紅桜公園-平成30年10月26日

今回のコースは地下鉄自衛隊前駅から紅葉が見ごろな精進川緑地を通り桜と紅葉の名所である紅桜公園を目指します。
紅桜公園は明治期に金沢から入植した個人の方が山林を切り開き造成を始めた公園です。現在では日本庭園や散策路が整備され春は桜、秋は紅葉と四季を通じて楽しめる公園になっています。
また茶房や食事処、釣り堀もあり家族連れでも楽しめます。


<データ>
  • 所在地 : 南区
  • 経     路 :
      地下鉄自衛隊前駅~精進川緑地~真駒内養護学校~紅桜公園入口~茶房・雪月風花~紅桜本館~開拓神社~雪見大灯籠~にじます池~地下鉄真駒内駅
  • 距     離 : 4.9km
  • 時     間 : 3.5時間
  • 撮影日 : 2018/10/26
  • 注意 :私設公園のため入園料が300円かかります
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

真栄・美しが丘・里塚-平成30年10月22日

今回のコースは地下鉄福住駅を出発し札幌ドーム、羊ケ丘通を通り清田区に入り札幌市都市景観賞を受賞した美しが丘、真栄の街並み、紅葉の美しいハイテクヒル真栄緑地と里塚霊園を歩きます。
羊ケ丘通は北海道農業センターを通る約2㎞の部分が深い掘割になっているため車の騒音が激しくなっています。気になる方は国道36号線を通ってください。自然林の中を通るハイテクヒル真栄緑地の散策路では入口と出口の部分に急で長い階段が続きますので注意してください。また里塚霊園は敷地が広大ですので方向を見失うことのないように注意してください。


<データ>
  • 所在地 : 清田区、豊平区
  • 経     路 :
      地下鉄福住駅~札幌ドーム~札幌国際大学~パストラルタウン美しが丘~しんえい四季のまち~ハイテクヒル真栄緑地~真栄高校~里塚霊園~コストコ札幌倉庫店~三里塚小学校バス停
  • 距     離 : 16.6km
  • 時     間 : 4.0時間
  • 撮影日 : 2018/10/22
  • アクセス :中央バス三里塚小学校バス停からは札幌ターミナル、札幌駅前、福住駅、大谷地駅へバスがそれぞれ運行しています。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

旧白石亭の紅葉(現北海道看護協会)-平成30年10月19日

旧白石亭は平成25年ごろに解体され既にありませんが、日本庭園だけはそのまま残されています。
この日本庭園は広さはさほどでもありませんが春の桜や秋の紅葉が美しいとの評判ですので今回出かけました。


<データ>
  • 所在地 : 白石区
  • 撮影日 : 2018/10/19
  • アクセス :札幌駅バスターミナルよりJRバス新札幌駅行で下白石バス停下車徒歩5分です。
  • 注意事項 :北海道看護協会の立ち入りは自由ですが、日本庭園の部分は禁止になっていますので断ってから入ってください。
<フォトギャラリー>
<マップ>

真駒内から芸術の森へ-平成30年10月16日

秋も深まってきて札幌の街でも木々の葉が赤や黄色に色づいてきました。今回は札幌の紅葉の名所でもある南区の芸術の森に出かけました。芸術の森は標高約200mの丘陵地にあるため、市街地より早く紅葉が見られます。期待通りの美しい紅葉に出会うことができました。
また今回は日ごろの運動不足の解消のためあえて地下鉄真駒内駅から芸術の森間約6㎞を歩きました。一部真駒内川に沿って走るサイクリングロードを利用しましたがこちらの紅葉も見事でした。
秋の天気は変わりやすいので気がかりでしたが案の定、10分ほどの時間でしたが強い雨に降られました。この季節は雨具や傘の用意が必要です。


<データ>
  • 所在地 : 南区
  • 経     路 :
      地下鉄真駒内駅~サイクリングロード入口~真駒内川~石山高架橋~涅槃大仏~札幌市立大学~関口雄揮記念美術館~札幌芸術の森~芸術の森センター
  • 距     離 : 9.7km
  • 時     間 : 3.5時間
  • 撮影日 : 2018/10/16
  • アクセス :札幌芸術の森から地下鉄真駒内駅へ行くには、「芸術の森入口」または「芸術の森センター」バス停から中央バス滝野線、空沼線に乗車します。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

月寒川と山本川-平成30年10月3日

秋晴れの一日、JR白石駅から月寒川や山本川に沿って白石区、厚別区の郊外をめぐりJR厚別駅まで15kmほど歩きました。
月寒川は北郷あたりから川幅が広がっているため空が高く感じられ堤防を歩いていても大変気持ちがよいです。山本川の由来は明治42年、小樽の山本久右衛門が農場を開いたときに造成した排水路がもとになっています。昭和初期に防風林として植えられたヤチダモの並木が現存しており見事な景観を作っています。
そのほかの見所は公園や街路樹に見られる真っ赤に熟した果実、東米里開拓の碑や山本開基百年記念碑などの歴史遺産などがあげられます。
また山本処理場の埋め立てが完了した広大な敷地には総合公園として「(仮称)厚別山本公園」が現在造成されています。


<データ>
  • 所在地 : 白石区、厚別区
  • 経     路 :
      JR白石駅~月寒川~北郷公園~北郷緑道~望月寒川~東米里八幡神社~米こめ広場~厚別川~山本処理場~山本川~山本川緑地~山本稲荷神社~厚別西公園~JR厚別駅
  • 距     離 : 15.3km
  • 時     間 : 5.0時間
  • 撮影日 : 2018/10/3
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 4 5 23