さっぽろ雪まつり-令和2年2月10日

今年で71回を迎えるさっぽろ雪まつりですが、最近では夜に見学する人のために雪像のライトアップやプロジェクションマッピングが行われて人気を博しています。
そこで今回は夜の大通会場でライトアップされた雪像や雪像に映し出されたプロジェクションマッピングの映像を見てきました。
また雪まつり期間中に地下鉄大通駅では「STピアノin雪まつり」(駅ピアノ)が行われていて多くの市民や観光客が演奏を楽しんでいました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2020/2/10
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

雪の開拓の村-令和2年1月18日

今回初めて馬そりに乗って歴史的建物が並ぶ開拓の村を巡りました。
ルートは旧札幌停車場を起点として旧ソーケシュマベツ駅逓所までは馬車鉄道と同じですが、折り返してからは旧龍雲寺、旧北海中学校を通り旧札幌停車場まで戻ります。時間にして10分程度です。
走行中はシャンシャン鈴の音が心地よく聞こえます。また平坦な雪道を通りますがカーブもありスピードの緩急もありでちょっとしたスリルがあります。
馬そりの後は珍しい機関車や産業遺産が展示されている森林鉄道の機関庫と旧札幌柘植倉庫の内部などを見学しました。


<データ>
  • 所在地 :厚別区
  • 経     路 :開拓の村出入口~旧札幌停車場~森林鉄道機関庫~旧札幌柘植倉庫~旧龍雲寺~旧浦河公会会堂~池~旧開拓使札幌本庁舎~開拓の村出入口
  • 距     離 :1.6km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2020/1/18
  • アクセス :開拓の村へは新札幌駅またはJR森林公園駅からJRバス開拓の村線で終点下車徒歩2分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

令和2年 初詣-令和2年1月1日

今回は初詣スポットとして有名な白石区の白石神社、中央区の北海道神宮頓宮と三吉神社の3つの神社を巡ります。
白石神社は明治5年に札幌神社(現北海道神宮)が円山に移転した後の旧社殿を譲り受けて白石区の現在地に札幌神社遙拝所として創建されました。2000年代には初詣の参拝客が北海道神宮に次ぐ北海道で2番目の人出が記録されています。
中央区にある北海道神宮頓宮は北海道神宮の札幌神社遙拝所として明治11年に創建されました。また毎年6月15日の北海道神宮例大祭において、神輿渡御の「御旅所」の役目を果たしています。境内にある札幌軟石製の出雲型狛犬は札幌で最古のものです。
中央区にある三吉神社は明治11年に秋田県の太平山三吉神社の分霊を祀ったのが始まりです。毎年5月15日の例大祭では子供みこしや神輿渡御も行われ盛大なお祭りになっています。


<データ>
  • 所在地 :中央区、白石区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2020/1/1
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

旧月寒川と望月寒川-令和元年11月22日

今回のコースは白石区を流れる旧月寒川と望月寒川に沿って歩きます。
旧月寒川は白石区北郷3条8丁目付近から始まり望月寒川まで約2kmほどの小河川です。北13条北郷通、水源池通を横断し、厚別通では中央分離帯の中を並行して走ります。その後北白石小・中学校横を通り望月寒川に流入します。
北白石サイクリングロードは起点側の約600mは月寒川埋め立て跡地を通りますがそのほかは旧月寒川沿いに望月寒川まで並行しています。
望月寒川は豊平区西岡から始まり西岡中央公園、月寒公園などを通り最後は月寒川に合流する全長14kmほどの一級河川です。今回のコースではJR函館線の横断箇所から下流部まで約3kmを歩きます。
望月寒川沿いには札幌ジャンクションや豊平川水再生プラザなどの大規模な土木施設があり見ごたえがあります。


<データ>
  • 所在地 :白石区
  • 経     路 :JR白石駅~北白石サイクリングロード入口~北郷あさかぜ公園~旧月寒川~厚別通~北白石サイクリングロード終点~望月寒川~米里十号橋~札幌ジャンクション~豊平川水再生プラザ~菊水舞鶴公園~菊水2条橋~北引接寺~JR白石駅
  • 距     離 :11.9km
  • 時     間 :3.5時間
  • 撮影日 : 2019/11/22
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

太平・百合が原・十軒-令和元年10月15日

太平、百合が原、十軒の歴史は札幌でも古く太平は明治22年(1889年)、百合が原は明治16年(1883年)そして十軒は明治4年(1871年)と明治の初期にさかのぼります。
百年にわたる先人の苦労の結果、現在これらの地域は一部は住宅地として一部は商業地としてまた一部は農業地帯として発展を遂げてきています。
今回のコースはこれらの地域の歴史遺産を巡るほか街路樹や公園の樹木の紅葉(黄葉)など秋が深まる街の景観を楽しみたいと思います。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :JR太平駅~太平ポプラ並木~太平公園~篠路烈々布郷土資料館~篠路歌舞伎発祥の地~十軒会館~丘珠空港緑地~百合が原公園~JR百合が原駅
  • 距     離 :10.7km
  • 時     間 :4.0時間
  • 撮影日 : 2019/10/15
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北海道鉄道技術館-令和元年10月12日

北海道鉄道技術館は、昭和62年のJR北海道のスタートに合わせ北海道の鉄道の歴史を伝えるために東区のJR北海道苗穂工場内に開設されました。建物はレンガ造りの旧用品倉庫を利用しています。
館内には苗穂工場で製造した鉄道車両等の資料や写真の展示や「特急おおぞら」とリゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」の運転台が見られるほかHOゲージジオラマ模型が置かれています。また屋外にはD51やC62の蒸気機関車も展示されています。
苗穂工場の建物は「さっぽろ・ふるさと文化百選」および「札幌苗穂地区の工場・記念館群」として北海道遺産に選定されています。また北海道鉄道技術館のレンガ造りの建物は「札幌市の鉄道関連遺産 鉄道工場倉庫跡」として国の近代化産業遺産に選定されています。


<データ>
  • 所在地 : 東区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/10/12
  • アクセス :北海道鉄道技術館へはJR苗穂駅から徒歩約5分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北区屯田の歴史を訪ねて-令和元年10月1日

屯田の歴史は1889年(明治22年)に屯田兵第一大隊第四中隊の家族を含めて220家族1056人が篠路兵村に入植してから始まります。入植者の出身地は熊本・福岡・山口・徳島・和歌山・福井・石川の7県です。
札幌では琴似、山鼻、新琴似がすでに入植していて最後の入植となりました。
歴史遺産も数多くあります。江南神社には篠路兵村「移住記念碑」、屯田開基九十周年記念顕彰碑、望郷のアカマツがあり、
江南神社横の屯田開拓顕彰広場には「屯田兵第一大隊第四中隊本部跡」の碑、篠路兵村「開拓碑」、水田開発記念碑、屯田兵顕彰之像、馬魂之像があります。
入植してから今年で130年になりますが、それぞれの碑や像は鬱蒼とした森林を開墾し畑や水田を造成し水害や冷害などの自然災害を克服して一大農業地域に発展させた先人の偉業をたたえています。
そのほかの歴史遺産には、農地を強風から守る防風林、用水路の跡地を利用した屯田みずほ通り(屯田緑道)、屯田の歴史資料が展示されている屯田歴史資料館があります。
現在の屯田は、農地はなくなり住宅地として発展しています。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :地下鉄麻生駅~JR新琴似駅~屯田防風林~江南神社~屯田開拓顕彰広場~屯田郷土資料館~屯田みずほ通り~屯田防風林~地下鉄麻生駅
  • 距     離 :9.2km
  • 時     間 :2.5時間
  • 撮影日 : 2019/10/1
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

美しが丘・里塚・里塚緑ヶ丘-令和元年9月25日

今回は清田区の美しが丘、里塚、里塚緑ヶ丘を巡ります。
里塚という地名はかつては三里塚と呼ばれていました。三里塚とは明治13年に札幌から室蘭まで一里(約4km)ごとに道しるべとして塚を造りその3番目の塚ということです。
戦前まで、これらの地域は大部分が森林におおわれていましたが戦後、札幌の発展とともに都市化の波が訪れ昭和40年代から徐々に住宅地が広がり特に昭和50年代から平成にかけては民間の開発により大型の団地が続々と造成され人口が急激に増えてきています。
コースの見所は歴史遺産として三里塚小学校の樹齢147年以上となるイチイの古木と平岡南公園近くにある復元された三里塚の標柱、都市景観として美しが丘や里塚緑ヶ丘の美しい街並みがあります。また秋も深まり公園の木々や街路樹も色づき始めて、美しい紅葉が見られるようになってきました。
昨年の9月に起きた北海道胆振東部地震によって里塚地区の一部では地盤沈下や道路陥没などによる住宅被害が発生しました。コース途中にある一部の公園でも被害のためまだ閉鎖している所もありました。一日も早い復興を願います。


<データ>
  • 所在地 :清田区
  • 経     路 :清田区役所~美しが丘公園~美しが丘西公園~美しが丘南公園~里塚わんぱく緑地~三里塚公園~三里塚小学校~里塚緑ヶ丘緑道~里塚緑ヶ丘公園~平岡南公園~厚別神社~清田区役所
  • 距     離 :14.5km
  • 時     間 :4.5時間
  • 撮影日 : 2019/9/25
  • アクセス :清田区役所までは札幌駅前、福住駅、大谷地駅、平岸駅からの中央バス路線がありそれぞれ清田区役所バス停下車徒歩1分です。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

篠路神社例祭と篠路獅子舞-令和元年9月8日

篠路神社は安政2年(1855年)江戸幕府の役人荒井金助が前身の若宮八幡を創祀したのが始まりの札幌最古といわれる神社です。
境内には「馬魂碑」と「力士・小松山之碑」の2つの碑がありどちらも北区の貴重な文化遺産として「北区歴史と文化の八十八選」に選定されています。
また篠路神社の秋の例祭で奉納される篠路獅子舞は明治34年(1901年)に演じられたのが始まりといわれる郷土芸能で「北区歴史と文化の八十八選」にも選定されています。
篠路獅子舞は、頭から尾まで6メートルという大きな獅子を大人8人が胴体に入り操り、「獅子取り」と呼ばれる子ども2人が獅子を先導し、それを笛、太鼓、鐘のはやし衆が盛り上げます。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/9/8
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

琴似神社秋季例祭-令和元年9月4日

琴似神社は明治8年に屯田兵として入植した宮城県の旧亘理藩士らが藩祖伊達成実を祀ったのが始まりで札幌でも古い神社の一つです。
境内には北海道指定有形文化財の琴似屯田兵屋、琴似兵村五十年記念塔、忠魂碑、「琴似屯田授産場址」碑などがあります。お祭りは春季大祭が毎年5月27日、秋季例祭が9月4日に行われ特に秋季例祭は神輿渡御、山車巡行のほか奉納演芸や子供相撲大会などが行われ露店も琴似栄町通沿いに出店され大変賑やかです。
今回の撮影は、 神輿渡御、山車巡行を中心に琴似栄町通の八軒会館から琴似神社の間で行いました。


<データ>
  • 所在地 : 西区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/9/4
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 8