太平・百合が原・十軒-令和元年10月15日

太平、百合が原、十軒の歴史は札幌でも古く太平は明治22年(1889年)、百合が原は明治16年(1883年)そして十軒は明治4年(1871年)と明治の初期にさかのぼります。
百年にわたる先人の苦労の結果、現在これらの地域は一部は住宅地として一部は商業地としてまた一部は農業地帯として発展を遂げてきています。
今回のコースはこれらの地域の歴史遺産を巡るほか街路樹や公園の樹木の紅葉(黄葉)など秋が深まる街の景観を楽しみたいと思います。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :JR太平駅~太平ポプラ並木~太平公園~篠路烈々布郷土資料館~篠路歌舞伎発祥の地~十軒会館~丘珠空港緑地~百合が原公園~JR百合が原駅
  • 距     離 :10.7km
  • 時     間 :4.0時間
  • 撮影日 : 2019/10/15
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北海道鉄道技術館-令和元年10月12日

北海道鉄道技術館は、昭和62年のJR北海道のスタートに合わせ北海道の鉄道の歴史を伝えるために東区のJR北海道苗穂工場内に開設されました。建物はレンガ造りの旧用品倉庫を利用しています。
館内には苗穂工場で製造した鉄道車両等の資料や写真の展示や「特急おおぞら」とリゾート列車「アルファコンチネンタルエクスプレス」の運転台が見られるほかHOゲージジオラマ模型が置かれています。また屋外にはD51やC62の蒸気機関車も展示されています。
苗穂工場の建物は「さっぽろ・ふるさと文化百選」および「札幌苗穂地区の工場・記念館群」として北海道遺産に選定されています。また北海道鉄道技術館のレンガ造りの建物は「札幌市の鉄道関連遺産 鉄道工場倉庫跡」として国の近代化産業遺産に選定されています。


<データ>
  • 所在地 : 東区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/10/12
  • アクセス :北海道鉄道技術館へはJR苗穂駅から徒歩約5分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北区屯田の歴史を訪ねて-令和元年10月1日

屯田の歴史は1889年(明治22年)に屯田兵第一大隊第四中隊の家族を含めて220家族1056人が篠路兵村に入植してから始まります。入植者の出身地は熊本・福岡・山口・徳島・和歌山・福井・石川の7県です。
札幌では琴似、山鼻、新琴似がすでに入植していて最後の入植となりました。
歴史遺産も数多くあります。江南神社には篠路兵村「移住記念碑」、屯田開基九十周年記念顕彰碑、望郷のアカマツがあり、
江南神社横の屯田開拓顕彰広場には「屯田兵第一大隊第四中隊本部跡」の碑、篠路兵村「開拓碑」、水田開発記念碑、屯田兵顕彰之像、馬魂之像があります。
入植してから今年で130年になりますが、それぞれの碑や像は鬱蒼とした森林を開墾し畑や水田を造成し水害や冷害などの自然災害を克服して一大農業地域に発展させた先人の偉業をたたえています。
そのほかの歴史遺産には、農地を強風から守る防風林、用水路の跡地を利用した屯田みずほ通り(屯田緑道)、屯田の歴史資料が展示されている屯田歴史資料館があります。
現在の屯田は、農地はなくなり住宅地として発展しています。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :地下鉄麻生駅~JR新琴似駅~屯田防風林~江南神社~屯田開拓顕彰広場~屯田郷土資料館~屯田みずほ通り~屯田防風林~地下鉄麻生駅
  • 距     離 :9.2km
  • 時     間 :2.5時間
  • 撮影日 : 2019/10/1
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

美しが丘・里塚・里塚緑ヶ丘-令和元年9月25日

今回は清田区の美しが丘、里塚、里塚緑ヶ丘を巡ります。
里塚という地名はかつては三里塚と呼ばれていました。三里塚とは明治13年に札幌から室蘭まで一里(約4km)ごとに道しるべとして塚を造りその3番目の塚ということです。
戦前まで、これらの地域は大部分が森林におおわれていましたが戦後、札幌の発展とともに都市化の波が訪れ昭和40年代から徐々に住宅地が広がり特に昭和50年代から平成にかけては民間の開発により大型の団地が続々と造成され人口が急激に増えてきています。
コースの見所は歴史遺産として三里塚小学校の樹齢147年以上となるイチイの古木と平岡南公園近くにある復元された三里塚の標柱、都市景観として美しが丘や里塚緑ヶ丘の美しい街並みがあります。また秋も深まり公園の木々や街路樹も色づき始めて、美しい紅葉が見られるようになってきました。
昨年の9月に起きた北海道胆振東部地震によって里塚地区の一部では地盤沈下や道路陥没などによる住宅被害が発生しました。コース途中にある一部の公園でも被害のためまだ閉鎖している所もありました。一日も早い復興を願います。


<データ>
  • 所在地 :清田区
  • 経     路 :清田区役所~美しが丘公園~美しが丘西公園~美しが丘南公園~里塚わんぱく緑地~三里塚公園~三里塚小学校~里塚緑ヶ丘緑道~里塚緑ヶ丘公園~平岡南公園~厚別神社~清田区役所
  • 距     離 :14.5km
  • 時     間 :4.5時間
  • 撮影日 : 2019/9/25
  • アクセス :清田区役所までは札幌駅前、福住駅、大谷地駅、平岸駅からの中央バス路線がありそれぞれ清田区役所バス停下車徒歩1分です。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

篠路神社例祭と篠路獅子舞-令和元年9月8日

篠路神社は安政2年(1855年)江戸幕府の役人荒井金助が前身の若宮八幡を創祀したのが始まりの札幌最古といわれる神社です。
境内には「馬魂碑」と「力士・小松山之碑」の2つの碑がありどちらも北区の貴重な文化遺産として「北区歴史と文化の八十八選」に選定されています。
また篠路神社の秋の例祭で奉納される篠路獅子舞は明治34年(1901年)に演じられたのが始まりといわれる郷土芸能で「北区歴史と文化の八十八選」にも選定されています。
篠路獅子舞は、頭から尾まで6メートルという大きな獅子を大人8人が胴体に入り操り、「獅子取り」と呼ばれる子ども2人が獅子を先導し、それを笛、太鼓、鐘のはやし衆が盛り上げます。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/9/8
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

琴似神社秋季例祭-令和元年9月4日

琴似神社は明治8年に屯田兵として入植した宮城県の旧亘理藩士らが藩祖伊達成実を祀ったのが始まりで札幌でも古い神社の一つです。
境内には北海道指定有形文化財の琴似屯田兵屋、琴似兵村五十年記念塔、忠魂碑、「琴似屯田授産場址」碑などがあります。お祭りは春季大祭が毎年5月27日、秋季例祭が9月4日に行われ特に秋季例祭は神輿渡御、山車巡行のほか奉納演芸や子供相撲大会などが行われ露店も琴似栄町通沿いに出店され大変賑やかです。
今回の撮影は、 神輿渡御、山車巡行を中心に琴似栄町通の八軒会館から琴似神社の間で行いました。


<データ>
  • 所在地 : 西区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/9/4
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

宮の森・山の手・円山-令和元年8月19日

今回は宮の森・山の手・円山の中にある主に大小の公園を訪ねました。
宮の森グリーン公園は住宅地の中にありますが名前の通り緑の多い公園です。宮の森ジャンボ公園はサクラやウメのほか珍しくリンゴやナシの木があります。発寒河畔公園には植栽されている木や花にちなんだ万葉集の歌の文学碑があり花と歌の両方が楽しめます。山の手北新公園は交通量の多い北1条宮の沢通に面していながら木々に囲まれた静かな公園です。山の手草ぶえ公園は傾斜のある地形を生かした滝のように流れる遊水路が魅力です。山の手ひだまり公園は高台にあるため街並みのすばらしい眺めが楽しめます。円山公園には円山庭球場、円山競技場、円山球場などの施設があり道内のスポーツのメッカになっています。
公園以外の見所では、札幌西高の西高彫刻プロムナード、北海道や世界の鉱石・鉱物を展示した山の手博物館、浄国寺のハス、緑地全体が標高90mの小高い山となっていて展望が素晴らしい宮の森4条緑地があります。


<データ>
  • 所在地 :中央区、西区
  • 経     路 :地下鉄西28丁目駅~宮の森グリーン公園~北海道医療センター~発寒河畔公園~山の手草ぶえ公園~山の手ひだまり公園~宮の森4条緑地~円山陸上競技場~地下鉄円山公園駅
  • 距     離 :10.7km
  • 時     間 :4.0時間
  • 撮影日 : 2019/8/19
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

月寒・美園・平岸-令和元年8月13日

かつて「つきさっぷ」と呼ばれていた月寒は明治4年岩手県から44戸が入植したのが開拓の始まりです。明治29年に当時の陸軍第七師団の兵営が設置され、その後歩兵第二十五連隊、北部軍司令部の設置があり月寒は軍隊のまちとして知られるようになりました。
そのため軍関係の歴史遺産が多く月寒体育館・月寒屋外競技場は練兵場、月寒公園は小演習場と射撃場、札幌第一高校は陸軍札幌衛戍病院、平和公園は陸軍墓地のそれぞれ跡地につくられました。
平岸地区はリンゴの産地として発展してきました。環状通の中央分離帯にはリンゴの木が植えられ、近くには「リンゴ並木の碑」があります。


<データ>
  • 所在地 :豊平区
  • 経     路 :地下鉄月寒中央駅~月寒体育館~月寒屋外競技場~札幌第一高校~月寒墓地~平和公園~月寒公園~平園公園~地下鉄平岸駅
  • 距     離 :7.0km
  • 時     間 :3.0時間
  • 撮影日 : 2019/8/13
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

ラベンダー通りと白い恋人パーク-令和元年7月9日

今回のコースは西区内の「ラベンダー通り」と「白い恋人パーク」を巡ります。
「ラベンダー通り」は中央区から西区、手稲区を縦断する二十四軒手稲通のうち西区内の路線に名付けられた愛称です。路線の下には地下鉄東西線が通っています。名前の通り歩道や中央分離帯には地元の方々によりラベンダーが植えられ6月末から7月にかけて花の香りが付近にたなびきます。
「白い恋人パーク」は北海道の銘菓「白い恋人」を製造販売している「石屋製菓」が運営しているテーマパークです。「白い恋人」とバウムクーヘンの製造ラインが見学できる「チョコトピアファクトリー」、札幌軟石で作られた「チョコトピアハウス」、15~16世紀のチューダー王朝時代の街並みを再現した「チュダーハウス」および中庭にある200種類のバラや季節の花が咲く「ローズガーデン」が見所です。
また道路をはさんだ隣には北海道コンサドーレ札幌の専用練習場「宮の沢白い恋人サッカー場」もあり練習中の選手を身近に見ることができます。


<データ>
  • 所在地 : 西区
  • 経     路 :地下鉄二十四軒駅~地下鉄琴似駅~琴似屯田兵屋跡~西区役所~琴似神社~地下鉄発寒南駅~西区体育館~白い恋人パーク~ちえりあ~地下鉄宮の沢駅
  • 距     離 :9.4km
  • 時     間 :3.0時間
  • 撮影日 : 2019/7/9
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

札幌まつり(山車巡行)-令和元年6月16日

「札幌まつり」は札幌神社(現北海道神宮)の例祭のことで毎年6月15日の例祭を中心に14日に宵宮祭、16日に神輿渡御(とぎょ)が行われます。
神輿渡御は現在の北海道神宮頓宮が開設された明治11年に神輿1基が巡行したのが始まりで、この時巡行を奉迎する意味で市内の各所から山車(だし)が繰り出されました。それぞれの山車は舞やお囃子を演じながら街を練り歩きます。


<データ>
  • 所在地 : 中央区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/6/16
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 8