新川・新琴似を巡る-令和4年5月10日

今回のコースは、JR新川駅から西陵橋近くにある新川皇大神社までのおよそ5kmを歩き、北区新川地区と新琴似地区の公園と街並みなどを見て回ります。

コースの途中には中規模の公園である新琴似二番通公園と新光公園があり、それぞれスポーツ施設や遊戯施設が整っています。また樹木が多く緑の中を通る園路はウォーキングや散歩のコースとなっています

最後に訪れた新川皇大神社は鮮やかな朱色の鳥居が目を見張りますが、最近では手水に色々な花を浮かべた花手水が有名です。

また沿道や公園ではヤエザクラ、ツツジ、シバザクラ、チューリップなどの花が咲き、続いてライラックやフジの花も咲き始めていました。札幌はこれからが花の季節です。​

 


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :起点(JR新川駅)~新琴似二番通公園~新光公園~終点(新川皇大神社)
  • 距     離 :4.1km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2022/5/10
  • アクセス :新川皇大神社からは近くの西稜橋バス停より地下鉄北24条行きが、新川3条13丁目バス停よりJR札幌駅、地下鉄宮の沢駅、地下鉄発寒南駅、地下鉄琴似駅行きが運行しています
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

春の大通公園-令和4年4月28日

札幌でも先日、桜の開花宣言がなされました。コロナ禍の中で、なるべく外出は避けていましたが、年に一度の花見はぜひ見たいと思い大通公園と隣接する札幌市資料館、札幌市教育文化会館を巡り春の花を見に行きました。

コース内の人出はそれほど多くはなく、ゆっくりと見学ができ、久しぶりにさまざまな花々と出会いました。

サクラでは淡紅色の花が咲くソメイヨシノ、エゾヤマザクラのほか小ぶりのチシマザクラも見られました。特に教育文化会館前庭にあるソメイヨシノは樹形が整い見栄えがしました。

その他、モクレンの仲間では白い大きな花が特徴のキタコブシ、ヒメコブシ、シモクレンとハクモクレンの交雑種で樹形がよく大輪の花を咲かせるサラサモクレン、黄色い花のレンギョウ、白い花のユキヤナギ、シロボケ、紅紫色のエゾムラサキツツジ、ハナズオウ、淡紅色のブンゴウメなどが見られました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄大通駅)~大通公園(西1丁目~西12丁目)~札幌市資料館~札幌市教育文化会館~終点(JR札幌駅)
  • 距     離 :4.1km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2022/4/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

円山動物園-令和4年3月20日

今回はまだまだ雪の残る円山動物園を訪れました。コロナ禍の中、外国人観光客も少ないため日曜日ですが人出は少ないように感じました。
しかし、動物たちは元気でした。屋外ではホッキョクグマやレッサーパンダ、屋内ではカバやゾウなどがゆうゆうと、あるいは元気よく動き回っていました。
円山動物園で一番人気のホッキョクグマ館では、水槽の中を泳ぎ回るアザラシ達が水中トンネルから見られ子供たちが歓声をあげています。
今回見た動物はこのほかにハイエナ、エゾヒグマ、水鳥(シュバシコウ、アオサギ、ゴイサギ)、ユキヒョウなどがいます。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :起点(円山動物園西門)~カバ・ライオン館~ゾウ舎~エゾシカ・オオカミ舎~ホッキョクグマ館~総合水鳥舎~アジアゾーン高山館~終点(円山動物園西門)
  • 距     離 :1.5km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2022/3/20
  • アクセス :円山動物園へは地下鉄円山公園駅からJRバス動物園線に乗車し円山動物園西門バス停下車すぐです。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

山鼻川緑地と真駒内を巡る-令和3年9月28日

今回のコースは地下鉄澄川駅を出て、平岸通、福住桑園通、真駒内通、五輪通などを通り、通過する市街地の街並みや色づいてきた街路樹を楽しみながら、また途中にある藻岩下公園、豊平川緑地、山鼻川緑地、真駒内公園、真駒内曙公園などでは、遊具やスキー山で遊ぶ家族連れや幼稚園の園児たちの元気のよい姿を見たり、水辺の親水ゾーンではのんびりと散策したり、さらに観光スポットでは斜張橋が美しいミュンヘン大橋や戦前に建造された藻岩発電所を見学して歴史を学んだりして、最後に地下鉄自衛隊前駅に向かうコースです。


<データ>
  • 所在地 :南区、豊平区、中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄澄川駅)~ミュンヘン大橋~藻岩下公園~豊平川緑地~山鼻川緑地~藻岩発電所~真駒内公園~真駒内曙公園~終点(地下鉄自衛隊前駅)
  • 距     離 :9.2km
  • 時     間 :3.5時間
  • 撮影日 : 2021/9/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

花手水めぐり-令和3年7月23日

神社や寺院には参拝する前に手や口を清めるための手水舎(ちょうずや)があります。手水舎内の水盤や鉢には常に水が流れていて、参拝者はその水を柄杓ですくって清めますが、この水を手水(ちょうず)と呼びます。
花手水(はなちょうず)とは参拝者の心を和ませるために水盤や鉢に花を浮かべて飾り付けることをいいます。
札幌では市内や近郊の神社が、2020年から「花手水めぐり」とか「花詣」の名前でイベントを始めていますが、今回のコースではこのうち東区の諏訪神社と中央区の弥彦神社、札幌護国神社の花手水を巡ります。
途中には創成川公園もあり見ごろになったへメロカリスの花を歩きながら鑑賞します。


<データ>
  • 所在地 :東区、中央区
  • 経     路 :起点(地下鉄北13条東駅)~諏訪神社~日本基督教団札幌教会~創成川公園~中島公園~彌彦神社~札幌護国神社~終点(地下鉄幌平橋駅)
  • 距     離 :5.0km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2021/7/23
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

藍の道と篠路・拓北-令和3年6月28日

今回のコースは篠路駅を出て伏籠川緑地、藍の道、ふれあい緑道、旧琴似川遊歩道などを巡り、美しい街並みや街路樹の緑、公園の花々を見て篠路駅に戻る一周コースです。
「藍の道」とは茨戸地区からあいの里地区をつなぐ市道山口茨戸連絡線と市道山口幹線を合わせた通称です。道路付近一帯に明治初期から藍の栽培が盛んにおこなわれていたために名付けられました。
旧琴似川は伏籠川に注ぐ河川で、今は新川に注いでいる琴似川の旧河道を流れています。
街路樹ではハシドイの花が見ごろになっています。また樹形が美しいパラソルアカシアは残念ながら1本を残して伐採されていました。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :起点(篠路駅西口)~藍の道~あいの里西公園~ふれあい緑道~鉄道沿西緑道~拓北駅~拓北いきいき公園~旧琴似川遊歩道~終点(篠路駅東口)
  • 距     離 :10.8km
  • 時     間 :3.5時間
  • 撮影日 : 2021/6/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

令和3年 初詣-令和3年1月11日

昨年は元旦に初詣に行きましたが、令和3年の初詣は新型コロナの影響で分配参拝が推奨されていることもあり11日に行きました。
初詣の神社は、中央区の伏見稲荷神社、西区の琴似神社、手稲区の手稲神社そして厚別区の信濃神社です。
伏見稲荷神社は明治17年京都伏見稲荷大社の御分霊を祀ったのが始まりで、明治40年に現在地に社殿を建立しました。
琴似神社は明治8年最初の屯田兵として琴似に入植した旧亘理藩(宮城県)藩士らが藩祖伊達成実公を祭神(武早智雄命)とし武早神社と号し創建しました。その後大正4年、現在地に遷座しています。
手稲神社は明治の初めに札幌神社(現北海道神宮)の遙拝所として小さな祠を建立したのが始まりです。最初は軽川遙拝所と称していましたが、その後手稲神社と改称しました。
信濃神社は長野県上諏訪からの入植者が明治15年諏訪大社より御分霊を奉戴し、小さな祠を建てて祀っていたが、明治30年に社殿が創建されました。


<データ>
  • 所在地 :中央区、西区、手稲区、厚別区
  • 経     路 :伏見稲荷神社~琴似神社~手稲神社~信濃神社
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2021/1/11
  • アクセス :伏見稲荷神社へは地下鉄円山駅からJRバス循環円10、11線で慈啓会前下車徒歩5分、琴似神社へは地下鉄琴似駅から徒歩5分、手稲神社へはJR手稲駅から徒歩3分、信濃神社へはJR厚別駅より徒歩5分です。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

東雁来と中沼-令和2年10月14日

今回のコースは、東区の東雁来から中沼までモエレ沼の周りを歩く行程で、秋も深まり紅葉を迎えた街路樹や公園の樹木などを見て回ります。
この地域は明治の初めに開拓が始まりましたが長い間豊平川の氾濫と厚い泥炭に阻まれて苦労していましたが、その後豊平川に堤防ができたことにより入植者が増えてきて農地も広がっていきました。
戦後に入ると2つの地域は別々の発展を遂げます。東雁来の南側部分では札幌市の人口増加に伴い団地造成が始まり市街地が形成されていきました。東雁来の北側部分と中沼では、タマネギの栽培が盛んになり隣の丘珠地区とともに札幌の一大産地になりました。
今では、東雁来の市街地は、街並みや公園、スポーツ施設、物流施設が整備された美しい街になっています。東雁来の北側部分と中沼ではタマネギのほかレタスなどの野菜も栽培されるようになりました。


<データ>
  • 所在地 :東区
  • 経路  :起点(東雁来バス停)~札幌サッカーアミューズメントパーク~東雁来公園~札幌東豊高校~中沼団地~中沼小学校~水郷西大橋~モエレ沼(篠路新川)~終点(丘珠鉄工団地バス停)
  • 距     離 :8.9Km
  • 時     間 :3.0時間
  • 撮影日 : 2020/10/14
  • アクセス :東雁来バス停へは札幌駅または札幌ターミナルから中央バスが運行しています。丘珠鉄工団地バス停からは地下鉄北34条駅、新道東駅、環状通東駅またはサッポロビール博物館へ中央バスが運行しています。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

東米里と北白石川-令和2年9月30日

今回のコースはかつて大谷地原野と呼ばれていた白石区の米里、東米里と川下地区をまわります。
大谷地原野は、ほとんどが厚く堆積した泥炭地からなる湿地帯のため開拓は長い間行われていませんでしたが、戦後の戦災者救済と食糧増産を機に移住と開拓が始まりました。たびたび起こる水害に苦しめられ離農者も数多く出ましたが、石狩川や豊平川の河川改修が進むと昭和56年の石狩川氾濫を最後に水害もなくなり農地開拓が進みました。現在、米里や川下では農地からさらに住宅地や工業団地に変わりましたが、東米里は市街化調整区域に指定されているため住宅は立てられず農地や原野のほか資材置き場やトラックヤードなどに多く利用されています。
さらに将来的には、札幌市の外周100kmを公園や緑地でぐるりと囲む「環状夢のグリーンベルト構想」のなかに、東米里が対象になっていて幅50m、延長6kmの広大な緑地帯が造成される計画になっています。


<データ>
  • 所在地 :白石区、東区
  • 経路  :米里1条2丁目バス停~豊平川桜の杜~逆川~米里のびのび公園~白石清掃工場~厚別排水機場~北白石川~白石営業所バス停
  • 距     離 :8.3Km
  • 時     間 :3.0時間
  • 撮影日 : 2020/9/30
  • アクセス :米里1条2丁目バス停へはJR札幌駅または地下鉄菊水駅からJRバスが運行しています。白石営業所バス停からは札幌駅前、地下鉄白石駅、JR白石駅、新さっぽろ駅へ中央バスが運行しています。
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

八紘学園 花だより-令和2年7月14日

八紘学園が運営する北海道農業専門学校は1930年に設立された歴史のある学校で畜産と園芸の2コースがあり、畜産コースでは牛乳や家畜飼料の生産や農業機械の操作などを学び、園芸コースでは野菜、花き、果樹の生産管理を学びます。
全国的に知られている花菖蒲園は今年は7月10日から7月12日までの3日間のみ開園され一般公開されていました。ハナショウブの盛りはすでに過ぎましたが、花菖蒲園の奥にあるヘメロカリス、ラベンダー畑では花が盛りを迎えていました。
敷地内の一角にある農産物直売所では学校内で生産された果樹、野菜や乳製品が一般に販売されています。特にツキサップ牛乳やツキサップソフトクリームが人気があるようです。また例年サクランボ狩りやブルーベリー採りも行われます。
そのほか敷地内には札幌景観資産に指定されている「八紘学園栗林記念館」(旧吉田善太郎別邸)と「八紘学園資料館」(旧吉田牧場畜舎・サイロ)の歴史的建造物があり見どころになっています。


<データ>
  • 所在地 :豊平区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2020/7/14
  • アクセス :八紘学園(北海道農業専門学校)は、地下鉄福住駅より徒歩約5分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 10