星置・ほしみを巡る-令和3年9月21日

今回のコースはJRほしみ駅を起点とし、星観緑地、星置西公園、手稲緑道の一部紅葉が始まった樹木の間を散策するとともに、通過する市道、道道、国道沿いの美しい並木やきれいな街並みを見て回り、JR手稲駅を終点とします。
樹木ではサクラ、ニシキギ、ナナカマド、ハルニレの紅葉(黄葉)が始まり、イチョウ、イチイ、ナナカマドの実も色づいていました。また街路樹としては珍しいハクウンボクとモンタナマツが見られました。
花ではユウゼンギク、シュウメイギク、コルチカム、キバナコスモス、ムクゲなどの秋の花が咲いています。
そのほかでは札幌の中心部からは見られない銭函天狗山が身近で見ることができました。


<データ>
  • 所在地 :手稲区
  • 経     路 :起点(JRほしみ駅)~星観緑地~星置西公園~土功排水~パストラル星置~JR札幌運転所~手稲緑道~西友手稲店~終点(JR手稲駅)
  • 距     離 :7.7km
  • 時     間 :2.5時間
  • 撮影日 : 2021/9/21
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

藍の道と篠路・拓北-令和3年6月28日

今回のコースは篠路駅を出て伏籠川緑地、藍の道、ふれあい緑道、旧琴似川遊歩道などを巡り、美しい街並みや街路樹の緑、公園の花々を見て篠路駅に戻る一周コースです。
「藍の道」とは茨戸地区からあいの里地区をつなぐ市道山口茨戸連絡線と市道山口幹線を合わせた通称です。道路付近一帯に明治初期から藍の栽培が盛んにおこなわれていたために名付けられました。
旧琴似川は伏籠川に注ぐ河川で、今は新川に注いでいる琴似川の旧河道を流れています。
街路樹ではハシドイの花が見ごろになっています。また樹形が美しいパラソルアカシアは残念ながら1本を残して伐採されていました。


<データ>
  • 所在地 :北区
  • 経     路 :起点(篠路駅西口)~藍の道~あいの里西公園~ふれあい緑道~鉄道沿西緑道~拓北駅~拓北いきいき公園~旧琴似川遊歩道~終点(篠路駅東口)
  • 距     離 :10.8km
  • 時     間 :3.5時間
  • 撮影日 : 2021/6/28
  • アクセス :
  • 注意事項 :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

西区紅葉巡り-令和元年10月20日

琴似発寒川沿いに発寒西陵公園、農試公園、発寒河畔公園、発寒川緑地、西野緑道を巡るコースです。
発寒西陵公園は「西陵の桜」で有名ですが園内には野球場やテニスコートなどの運動施設や樹木の間を通るジョギングコースや散歩コースもあります。春の桜と秋の紅葉スポットです。
農試公園は自然光が降りそそぐ屋内スポーツ施設の「ツインキャップ」がシンボルの公園です。園内は桜や紅葉の名所としてたくさんの市民が訪れます。
発寒河畔公園は琴似発寒川の河川敷にあり桜と梅の名所ですが、特に園内の植物を詠った万葉集の歌碑がユニークです。秋にも美しい紅葉が見られます。
発寒川緑地も琴似発寒川の河川敷にある細長い緑地です。園路に沿って植えられた桜並木と琴似発寒川をはさんだ断崖の紅葉が見事です。
西野緑道は琴似発寒川支流の左水無川沿いを走る緑道です。園路の途中の桜並木と白樺並木は花見と紅葉の名所になっています。


<データ>
  • 所在地 :西区
  • 経     路 :発寒15条3バス停~発寒西陵公園~農試公園~発寒河畔公園~発寒川緑地~西野緑道~西野9条5丁目バス停
  • 距     離 :9.1km
  • 時     間 :3.0時間
  • 撮影日 : 2019/10/20
  • アクセス :発寒15条3バス停へは地下鉄琴似駅、地下鉄麻生駅および札幌駅前から中央バスの路線があります。また西野9条5丁目バス停からは地下鉄発寒南駅、地下鉄琴似駅およびJR琴似駅までJRバスの路線があります。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

精進川緑地と紅桜公園-令和元年5月4日

今回のコースは桜を求めて地下鉄自衛隊前駅から精進川緑地を歩き、そして桜の名所の一つである紅桜公園を訪ね、最後は水源池通、五輪通、平岸通を経て地下鉄真駒内駅まで歩きました。
精進川緑地および紅桜公園で見たサクラは形や高さも申し分なく花の色も鮮やかで見事でした。
そのほか、めったに出会えないベニコブシの花やキタコブシ、ハクモクレンとシモクレン、エゾムラサキツツジも見ごたえがありました。


<データ>
  • 所在地 : 南区
  • 経     路 :地下鉄自衛隊前駅~精進川緑地~紅桜公園~茶房・雪月風花~紅桜本館~紅桜蒸留所~にじます池~SAKURAホール~地下鉄真駒内駅
  • 距     離 :4.7km
  • 時     間 :2.5時間
  • 撮影日 : 2019/5/4
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

月寒川と山本川-平成30年10月3日

秋晴れの一日、JR白石駅から月寒川や山本川に沿って白石区、厚別区の郊外をめぐりJR厚別駅まで15kmほど歩きました。
月寒川は北郷あたりから川幅が広がっているため空が高く感じられ堤防を歩いていても大変気持ちがよいです。山本川の由来は明治42年、小樽の山本久右衛門が農場を開いたときに造成した排水路がもとになっています。昭和初期に防風林として植えられたヤチダモの並木が現存しており見事な景観を作っています。
そのほかの見所は公園や街路樹に見られる真っ赤に熟した果実、東米里開拓の碑や山本開基百年記念碑などの歴史遺産などがあげられます。
また山本処理場の埋め立てが完了した広大な敷地には総合公園として「(仮称)厚別山本公園」が現在造成されています。


<データ>
  • 所在地 : 白石区、厚別区
  • 経     路 :
      JR白石駅~月寒川~北郷公園~北郷緑道~望月寒川~東米里八幡神社~米こめ広場~厚別川~山本処理場~山本川~山本川緑地~山本稲荷神社~厚別西公園~JR厚別駅
  • 距     離 : 15.3km
  • 時     間 : 5.0時間
  • 撮影日 : 2018/10/3
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

屯田防風林と緑道-平成29年10月31日

北区にある屯田防風林、屯田緑道、創成川緑地を結ぶ緑の回廊を巡り木々の紅葉を訪ねました。
今年は紅葉が早いようですでに葉が相当落ち始めていますがまだ十分楽しめます。紅葉のほかにも秋に熟する果実を見るのも楽しみです。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
      地下鉄麻生駅~屯田防風林~屯田みずほ西公園~屯田緑道~屯田みずほ東公園~創成川緑地~下水道科学館~創成川水再生プラザ~札幌市麻生球場~地下鉄麻生駅
  • 距     離 : 10.4km
  • 時     間 : 3.0時間
  • 撮影日 : 2017/10/31
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

屯田防風林と緑道-平成29年8月21日

北海道ではお盆を過ぎると暑い夏も終わり急に涼しくなるといわれていますが、今日の最高気温は27度の予想ですのでまだ暑さは続きそうです。こんな中いよいよ札幌では今日から小学校の2学期が始まりました。
今回のコースは北区屯田地区にある屯田防風林、屯田緑道、屯田循環緑道と途中の公園を巡ります。木々の葉も生い茂って緑道を覆い、散策する人々にとって涼しげな良い日陰になっています。


<データ>
  • 所在地 : 北区
  • 経     路 :
      地下鉄麻生駅~屯田防風林~屯田西公園~屯田緑道~屯田郷土資料館~創成川緑地~屯田循環緑道~北海道有朋高校~屯田北公園~屯田公園~中央バス「イトーヨーカドー屯田店前」バス停
  • 距     離 : 13.3km
  • 時     間 : 4.0時間
  • 撮影日 : 2017/8/21
  • アクセス :終点から地下鉄麻生駅へは中央バス屯田線、緑苑台線、南花畔通線が運行しています。
    <ビデオ>

    <フォトギャラリー>
    <マップ>

    あいの里せせらぎ緑道-平成29年5月31日

    あいの里地区は2度目の訪問です。前回は9月にあいの里地区の北側をぐるりと回る「あいの里緑道」を歩きましたが今回はあいの里地区の中央を横断する「あいの里せせらぎ緑道」を歩きました。
    新緑に囲まれた緑道はきれいに整備され大変気持ちよく歩けました。また修景水路(せせらぎ水路)が並行しているところもありせせらぎの音を聞きながらの歩行となりました。
    今回はせせらぎ水路の下流側にも足を伸ばし「あいの里ゆかりの地」や「宮西頼母の歌碑」を見てまいりました。


    <データ>
    • 所在地 : 北区
    • 経     路 :
        JRあいの里公園駅~あいの里東公園~あいの里せせらぎ緑道~あいの里西公園~あいの里緑道~藍栽培ゆかりの地~拓北小学校~JR拓北駅
    • 距     離 : 5.1Km
    • 時     間 : 3.0時間
    • 撮影日 : 2017/5/31
    • アクセス :
    <ビデオ>

    <フォトギャラリー>
    <マップ>

    あいの里地区の緑地巡りー平成27年9月3日

    北区あいの里地区の緑を求めて公園や緑地を巡りました。あいの里は周りを緑に囲まれた自然豊かな町でした。


    <見どころ>
    • あいの里
        「あいの里」とは藍(あい)の栽培の歴史と人々に愛される街への願いをかけて名づけられました。
    • あいの里公園
        5.3ヘクタールの広さを持つトンネウス沼を中心にアカエゾマツやイタヤカエデ、ヤチダモなどの樹木に囲まれた公園です。またホタルの生育するほたる池や野球場、テニスコート、ランニングコースも整備されスポーツや散策に最適です。
    • あいの里緑道
        住宅地のの北側を囲むように配置された延長約3kmにわたる緑道です。樹木に囲まれベンチやあずまやなども設置されておりゆっくりと歩くことができます。
    • 仙人庚申塚
        あいの里緑道を歩いていると中央バス「あいの里4条1」バス停横にレンガ造りの祠があり中に石像があります。これが仙人庚申塚です。案内板を読むと「この石像は明治28年に建立され山岳信仰の開祖といわれる役行者をかたどっている」と書かれています。
    <データ>
    • 所在地 : 札幌市北区
    • 経     路 :
        JRあいの里教育大駅~あいの里北公園~拓北会館~あいの里公園~トンネウス沼~あいの里緑道(1号~6号)~JRあいの里教育大駅
    • 距     離 : 7.96Km
    • 時     間 : 2.0時間
    • 撮影日 : 2015/9/3
    <ビデオ>

    <フォトギャラリー>
    <マップ>

    北野・平岡地区の緑地巡りー平成27年9月1日

    清田区の緑を求めて北野地区、平岡地区を巡りました。神社、公園、河川敷などでたくさんの緑に出会えました。


    <見どころ>
    • 厚別(あしりべつ)神社
        明治7年、この地に最初に入植した長岡重治が開墾地の片隈に小祠を作り朝夕拝礼していたのが始まりです。その後明治18年に厚別川東側に合掌作りの社を建立し大正6年4月現在地に移設されています。境内には清田開基百年碑があります。
    • 平岡樹芸センタ
        昭和59年に開園した庭木や花木を楽しめる公園です。園内には2500本のイチイ、700~800本の紅葉類などさまざまな木や花が多数植えられています。また園芸、庭作り教室やクラフト、アレンジ講習会なども行われています。
    • 北野たかくら緑地
        大正時代に高倉左輔氏が牧場として開拓した土地の一部を緑地としたものです。園内は自然林がうっそうと茂り周囲の住宅地とは隔離された空間になっています。自然林の中には散策路があり森林浴を楽しむことができます。また園内には小川が流れ「小鳥の池」や「マガモの池」がありますが、こちらは木道を通って散策することができます。
    • 厚別川緑地
        厚別川の河川敷を利用した緑地です。散策路のほか,パークゴルフ場があります。川のせせらぎを聞きながらのんびりと歩くのもよいと思います。
    • 清田公園
        厚別川に隣接した約3haの大きな公園です。野球場、テニスコートなどの運動施設やパーゴラ、あずまやなどの休憩施設それに遊具施設もあり子供も大人も楽しめる公園です。
    • 清田緑地
        丘陵地の地形を生かした起伏の多い自然林が茂る緑地です。園内には木道が整備され歩きやすくなっています。清田区役所に近い緑地ですが小動物も生育しており今回はエゾリスに出会いました。
    <データ>
    • 所在地 : 札幌市清田区
    • 経     路 :
        清田区役所~厚別神社~清田区体育館~平岡南公園~平岡樹芸センター~杜のみち~北野たかくら緑地~厚別川緑地~清田公園~清田緑地~清田区役所
    • 距     離 : 10.35Km
    • 時     間 : 2.5時間
    • 撮影日 : 2015/9/1
    <ビデオ>

    <フォトギャラリー>
    <マップ>
    1 2