白石区散策-令和2年5月5日

4月16日に法律に基づく「緊急事態宣言」が全国に拡大し、北海道は特に重点的に感染拡大防止の取り組みを進めていく必要があるという「特定警戒都道府県」に位置付けられました。
それに伴い北海道では全域に緊急事態措置が出され、感染防止の徹底や外出自粛などが求められています。ただし屋外での運動・散歩などの健康の維持増進や生活必需品の買い出しは生活の維持に必要として対象外となっています。
5月に入り、桜の開花も始まっているので花見と健康増進を兼ね近所の公園3か所に出かけました。
菊水みどり公園は小規模ですが樹木の種類が多い公園です。いまは一本の大きなエゾヤマザクラが満開でした。
白石公園は中規模の公園で樹木のほかに野球場や遊具もあり家族ずれや子どもたちが多い公園です。こちらも桜はエゾヤマザクラ、ソメイヨシノ、シダレザクラの3種類がありいずれも満開でした。
さっぽろ大地公園は札幌コンベンションセンターに隣接する中規模な公園です。遊具施設のほかパークゴルフ場や広々とした芝生広場、散策路もあり家族ずれやお年寄り、子どもたちが楽しめる公園です。桜は散りかけてだいぶ落花していました。


<データ>
  • 所在地 :白石区
  • 経     路 :菊水みどり公園~白石公園~さっぽろ大地公園
  • 距     離 :-
  • 時     間 :-
  • 撮影日 : 2020/5/5
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

伏古公園-令和2年4月12日

知事が2月28日に全国で初めて「新型コロナウイルス緊急事態宣言」を発表し、3月19日までの間は週末の外出自粛等を訴えていましたが、当初予想された爆発的な感染拡大は回避されたとの判断で予定通り3月19日をもって緊急事態宣言は終了しました。その後4月7日には7都府県に、法律に基づく「緊急事態宣言」が出ましたが、屋外での運動、散歩などについては外出の自粛要請の対象にならないとしています。
ながらく、ウォーキングも自粛していましたが今日からいつまでできるかわかりませんが一応再開します。
今回は運動不足の解消もあり、自宅から歩いて往復1万歩の距離にある東区の伏古公園に行きました。伏古公園は中規模な公園で、ジョギングコースや遊具、野球場を備えています。
ただし、平日でもあり家族ずれの方とジョギングの方がほとんどで閑散としています。はやくコロナが終息するのを願っています。


<データ>
  • 所在地 :東区
  • 経     路 :公園入口~噴水~築山~遊具広場~野球場~公園出口
  • 距     離 :1.1km
  • 時     間 :0.5時間
  • 撮影日 : 2020/4/12
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

さっぽろ雪まつり-令和2年2月10日

今年で71回を迎えるさっぽろ雪まつりですが、最近では夜に見学する人のために雪像のライトアップやプロジェクションマッピングが行われて人気を博しています。
そこで今回は夜の大通会場でライトアップされた雪像や雪像に映し出されたプロジェクションマッピングの映像を見てきました。
また雪まつり期間中に地下鉄大通駅では「STピアノin雪まつり」(駅ピアノ)が行われていて多くの市民や観光客が演奏を楽しんでいました。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2020/2/10
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

雪と湯けむり・定山渓-令和2年2月4日

定山渓の冬の楽しみはやはり温泉です。たくさんあるホテルや旅館では日帰り客向きに浴場を開放していて大変ありがたいですが今回は無料で楽しめる手湯と足湯を巡りました。
手湯では見返り坂の起点にある「かっぱ家族の願掛け手湯」、足湯では岩戸観音堂の隣にある「長寿と健康の足つぼの湯」、国道230号線沿いにある「足のふれあい太郎の湯」と定山源泉公園内の足湯が有名です。このうち「足のふれあい太郎の湯」は現在工事のため休止中です。
この日は雪が降り続き時折吹雪になりましたが定山渓を囲む山々が雪に霞む様子、湯の滝や温泉街からわきあがる湯のけむりなど見どころが多くありました。


<データ>
  • 所在地 :南区
  • 経     路 :定山渓観光案内所~かっぱ家族の願かけ手湯~定山源泉公園~長寿と健康の足つぼの湯~三笠緑地~定山渓大橋~足のふれあい太郎の湯~南区定山渓出張所
  • 距     離 :2.6km
  • 時     間 :1.0時間
  • 撮影日 : 2020/2/4
  • アクセス :定山渓観光案内所へはJR札幌駅または地下鉄真駒内駅からじょうてつバスにて定山渓神社前バス停下車すぐです。定山渓出張所からは目の前の定山渓バス停よりJR札幌駅または地下鉄真駒内駅までじょうてつバスが運行しています。
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北大植物園温室-令和2年1月27日

北大植物園は11月4日から4月28日までの冬期期間と4月29日から11月3日までの夏期期間に分かれていて、冬期期間は温室のみの見学となります。
温室はA棟とB棟の2つに分かれていてA棟では北海道では見られない熱帯および亜熱帯の植物がアジア、アフリカ、オセアニア、北・中米、南米の5地域に分かれて展示されています。またシダ植物や食用・染料、繊維などを利用する有用植物も展示されています。
B棟ではラン科植物のほかウツボカズラなどの食虫植物、サボテンやベンケイソウなどの多肉植物が展示されています。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :-
  • 距     離 :-
  • 時     間 :-
  • 撮影日 : 2020/1/27
  • アクセス :JR札幌駅または地下鉄大通駅から徒歩約10分
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

雪の開拓の村-令和2年1月18日

今回初めて馬そりに乗って歴史的建物が並ぶ開拓の村を巡りました。
ルートは旧札幌停車場を起点として旧ソーケシュマベツ駅逓所までは馬車鉄道と同じですが、折り返してからは旧龍雲寺、旧北海中学校を通り旧札幌停車場まで戻ります。時間にして10分程度です。
走行中はシャンシャン鈴の音が心地よく聞こえます。また平坦な雪道を通りますがカーブもありスピードの緩急もありでちょっとしたスリルがあります。
馬そりの後は珍しい機関車や産業遺産が展示されている森林鉄道の機関庫と旧札幌柘植倉庫の内部などを見学しました。


<データ>
  • 所在地 :厚別区
  • 経     路 :開拓の村出入口~旧札幌停車場~森林鉄道機関庫~旧札幌柘植倉庫~旧龍雲寺~旧浦河公会会堂~池~旧開拓使札幌本庁舎~開拓の村出入口
  • 距     離 :1.6km
  • 時     間 :1.5時間
  • 撮影日 : 2020/1/18
  • アクセス :開拓の村へは新札幌駅またはJR森林公園駅からJRバス開拓の村線で終点下車徒歩2分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

雪の豊平川-令和2年1月9日

今回のコースは豊平川の北13条大橋から幌平橋までを往復して歩きます。往路は豊平川右岸の主に堤防上を歩き、復路は河川敷の雪原を歩きます。
札幌では今年の積雪は昨日でわずか9cmしかないので河川敷の雪原を歩くにもスキーやスノーシューなどの器具も必要ありません。
見どころは広々とした河川敷の雪原と遠方に広がる近郊の山々の展望および両岸に連立するホテルやマンションなど高層ビルの街並みです。


<データ>
  • 所在地 :白石区、豊平区
  • 経     路 :北13条大橋~JR豊平川橋梁~東橋~一条大橋~豊平橋~南大橋~幌平橋~豊平橋~東橋~北13条大橋
  • 距     離 :11.4km
  • 時     間 :3.0時間
  • 撮影日 : 2020/1/9
  • アクセス :北13条大橋へは札幌駅または地下鉄菊水駅からJRバス米里線で菊水元町2条2丁目バス停下車徒歩5分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

令和2年 初詣-令和2年1月1日

今回は初詣スポットとして有名な白石区の白石神社、中央区の北海道神宮頓宮と三吉神社の3つの神社を巡ります。
白石神社は明治5年に札幌神社(現北海道神宮)が円山に移転した後の旧社殿を譲り受けて白石区の現在地に札幌神社遙拝所として創建されました。2000年代には初詣の参拝客が北海道神宮に次ぐ北海道で2番目の人出が記録されています。
中央区にある北海道神宮頓宮は北海道神宮の札幌神社遙拝所として明治11年に創建されました。また毎年6月15日の北海道神宮例大祭において、神輿渡御の「御旅所」の役目を果たしています。境内にある札幌軟石製の出雲型狛犬は札幌で最古のものです。
中央区にある三吉神社は明治11年に秋田県の太平山三吉神社の分霊を祀ったのが始まりです。毎年5月15日の例大祭では子供みこしや神輿渡御も行われ盛大なお祭りになっています。


<データ>
  • 所在地 :中央区、白石区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2020/1/1
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

JRタワーとノルベサと地下歩道-令和元年12月26日

今回のコースは札幌の夜景スポットであるJRタワー展望室、ノルベサの屋上観覧車とその間をつなぐ地下歩道を歩きます。
JRタワーにあるT38(タワースリーエイト)と呼ばれる展望室は38階、地上160mの高さから札幌市を360°見渡すことができます。また夜景が美しいことから2004年に日本の夜景100選にも選ばれています。
商業施設「ノルベサ」の屋上に設置された観覧車「ノリア」は乗車時間は10分ほどで地上78メートルの高さから札幌の街並みをはるか遠くまで望むことができます。
2つの施設を結ぶ地下歩道は、一つ目が地下鉄すすきの駅から地下鉄大通駅まで地下街「ポールタウン」を通る札幌駅前通地下歩道、もう一つが地下鉄大通駅から地下鉄さっぽろ駅までの札幌駅前通公共地下歩道(愛称:チ・カ・ホ)です。
2つの地下歩道と地下鉄構内の地下歩道を合わせると延長約1.4kmの地下歩道となり「すすきの」とJR札幌駅が地下でつながります。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :地下鉄すすきの駅~ノルベサ~地下歩道~JRタワー~地下鉄さっぽろ駅
  • 距     離 :2.4km
  • 時     間 :2.0時間
  • 撮影日 : 2019/12/26
  • アクセス :
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

サッポロファクトリークリスマス-令和元年12月12日

サッポロファクトリークリスマス2019は12月2日~12月25日までアトリウム、煙突広場、レンガ館で行われるクリスマスイベントです。
アトリウム内の「ジャンボクリスマスツリー」は広尾町のひろおサンタランドから寄贈された高さ15mのトドマツをイルミネーションで彩っていてスケールに圧倒されます。音楽と光によるショータイムは、16:00から1時間ごとに約5分間行われます。
ライトアップが美しい煙突広場では高さ40mの煙突に登るジャンボサンタクロースが見られます。またレンガ館では入口のイルミネーションと壁面のライトアップが見どころです。


<データ>
  • 所在地 :中央区
  • 経     路 :
  • 距     離 :
  • 時     間 :
  • 撮影日 : 2019/12/12
  • アクセス :サッポロファクトリーへは地下鉄東西線「バスセンター前」駅下車、8番出口より徒歩3分です
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

1 2 3 26