月寒の歴史を訪ねて-平成27年8月22日

月寒の歴史を訪ねてリンゴ並木の碑、月寒開基百年之碑、つきさっぷ郷土資料館などを巡りました。


<見どころ>
  • りんご並木
      環状通りの豊平区役所前から、国道36号線までの中央分離帯延長約1.1kmにわたり植えられているリンゴ並木です。豊平区のリンゴ栽培は明治8~10年(1876~1878年)頃、当時の平岸村に、およそ480本のリンゴの苗木が植えられたのが最初で、以後各地へ広がり地域農業の発展に寄与しました。
  • 月寒公園
      明治末期、歩兵第25連帯の小演習場として使用され「干城台」と名付けられていた場所につくられています。緩やかな丘陵地に自然林を生かした公園でスポーツ施設や散策路も備えた面積約22haの大きな公園です。とくに月寒の丘にある全長40mのすべり台は子供に人気です。さらに、月寒神社周辺の高台には、開拓功労碑や開基百年の碑などがあり歴史を学ぶことができます。
  • 月寒神社
      1884年(明治17年)に、広島県出身の移住者が広島県厳島神社の市杵嶋姫命と農耕の倉稲魂命の2柱を小さなほこらを設け祀ったのが始まりです。その後、明治36年に月寒神社と改称、大正7年に現在地に移転しました。
  • つきさっぷ郷土資料館
      もとは昭和16年に旧陸軍北部軍司令官官邸として建てられたものです。赤レンガの建物が特徴です。ここには、旧歩兵第25連隊をはじめ旧陸軍資料が数多く展示されています。
  • 豊平公園
      農林水産省林業試験場の跡地を利用してつくられた公園です。約7.4haの園内には花壇のほかバラ園、野草園などの庭園や針葉樹見本林などの樹木が植えられた緑豊かな公園です。さらに芝生広場、遊戯広場、散策路がありプール、テニスコートも利用できる大人から子供までが楽しめる公園です。
  • きたえーる
      平成12年に本道スポーツの殿堂をめざし建設されました。正式名は「北海道立総合体育センター」愛称は「北海きたえーる」です。現在、各種室内競技及びコンサートなどのイベントで使用されています。メインアリーナは面積3,886m²、最長84.3m×49.7m最大収容人数10,000人の規模になります。
<データ>
  • 所在地 : 札幌市豊平区
  • 経     路 :
      地下鉄 南平岸駅~HTBテレビ~平岸プール~ぼうず山公園~陵陽中学校~豊平市役所~りんご並木の碑~月寒公園~月寒開基百年之碑~月寒神社~営門の松~札幌南税務署~ハローワーク札幌東~つきさっぷ郷土資料館~豊平公園~きたえーる~アップルロード~北海学園大学~地下鉄 学園前駅
  • 距     離 : 7.96Km
  • 時     間 : 2時間
  • 撮影日 : 2015/8/22
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

水源池通と坂の町西岡を巡る-平成27年8月22日

坂の多い町西岡を体験しながら水源池通を月寒中央駅から真駒内の終点まで歩きました。


<見どころ>
  • 水源池通
      水源池通は西岡にある貯水池から月寒の歩兵第25連隊の軍施設に給水する水道管施設の管理用道路として明治42年に造成されました。以後大正5年には今の国道 36 号まで延長され現在では白石区が終点となっています。
  • 西岡八幡宮
      この神社は、1890年(明治23年)に入植者が開拓の守護神として、祠を建て郷土の八幡神社の八幡神を祀ったのに始まるとされています。境内には開拓記念碑(明治39年建立)西岡開基七十年記念碑(昭和33年建立)西岡拓魂之碑(昭和63年建立。開基100年記念)などがあります。
  • 真駒内保健保安林
      地下鉄真駒内駅の東側に広がる面積131haの保健保安林です。市街地に隣接しているため市民が気軽に緑に親しむことができます。ここには、延長約4キロの遊歩道があり、春の桜や秋の紅葉を楽しむことができます。
<データ>
  • 所在地 : 札幌市豊平区、南区
  • 経     路 :
      地下鉄 月寒中央駅~月寒体育館~どうぎんカーリングスタジアム~イオン札幌西岡~西岡図書館~札幌大学~西岡八幡宮~西岡小学校~見返坂~観音坂~観照寺~西岡中学校~西岡南小学校~望月寒川~紅桜公園~慧照寺~精進川~真駒内保健保安林~五輪通~平岸通~地下鉄 真駒内駅
  • 距     離 : 8.82Km
  • 時     間 : 2時間
  • 撮影日 : 2015/8/22
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

豊平川の右岸緑地を歩く-平成27年8月19日

豊平川の右岸沿いに整備されている遊歩道(一部サイクリングロードと併用)を歩きました。距離が長いので、豊平川の流れや河畔林の緑を眺めながらまたテニスやパークゴルフを楽しむ人たちを見ながらゆっくりと歩きました。


<見どころ>
  • 逆川
      昔の月寒川は現在の旧月寒川と逆川を流れて豊平川に合流していましたが付近一帯は低湿地帯のため大雨や融水時には水位の低い月寒川に逆流するため氾濫が起きていました。この逆流現象を見て、土地の人々は月寒川下流をいつしか「逆川」と呼ぶよ うになりました。月寒川の合流地点を豊平川の下流に移すため新たに水路を掘削したことで現在では、繰り返されてきた氾濫もなくなりました。
  • 豊平川桜の杜
      エゾヤマザクラ、ソメイヨシノなどの桜を中心に、約1,100本の木が植えられていて桜の名所になっています。
  • 東橋
      1890年(明治23年)に江別通(札幌~白石~江別)が開通し同時に豊平川に架けられた橋が東橋です。東橋は人が通れる橋としては豊平川で豊平橋に次いで2番目に古い橋です。橋の名前は札幌の東にあること、後の大正天皇が東宮(皇太子)となられたことから「東橋」と名付けられました。現在の橋は2013年(平成25年)に架け替えられたものです。
  • 豊平橋
      明治4年渡船場の近くに架けられた二連の丸太橋が最初の橋です。この橋もすぐに流出し、その後何度も架け替えられましたがいずれも流出してしまいました。大正13年、北海道三大名橋と称された「ブレースト・リブ・タイド・アーチ」によるアーチ橋が完成しました。これが旧豊平橋にあたります。昭和41年に旧豊平橋が42年の歴史に幕を閉じ現在の橋に架け替えられました。
  • 幌平橋
      現在の橋は1995年(平成7年)に完成したもので、下流側の歩道が広く、アーチ橋部分は階段状になっているユニークなデザインです。歩道橋部分は札幌市の姉妹都市であるポートランド市との姉妹都市提携35周年を記念して、ポートランド広場と命名されています。
  • ミュンヘン大橋
      札幌市創建120年記念事業として1991年(平成3年)に完成した美しい斜張橋の橋です。札幌市とミュンヘン市の姉妹都市15周年に事業着手したことと橋の構造がドイツを中心に発展した斜張橋であることから、橋の名前が付けられました。
  • 豊平川さけ科学館
      豊平川に再びサケを戻そうとする市民の「カムバックサーモン運動」をきっかけに1984年10月に札幌市豊平川さけ科学館が開館しました。ふ化放流事業のほかに、サケの仲間や豊平川の淡水魚などを飼育展示し、サケや豊平川に関するさまざまな情報を発信しています。
  • <データ>
    • 所在地 : 札幌市白石区、豊平区、南区
    • 経     路 :
        JRバス 米里5条1丁目バス停~東栄橋~白石清掃工場~サッカー場~豊水大橋~逆川~豊平川桜の杜~環状北大橋~豊平川第2水管橋~パークゴルフ場~北13条大橋~上白石橋~JR豊平川鉄橋~平和大橋~東橋~水穂大橋~一条大橋~でんでん大橋~豊平川水管橋~豊平橋~南七条大橋~南大橋~テニスコート~精進川~幌平橋~南十九条大橋~南二十二条大橋~JCHO北海道病院~ミュンヘン大橋~精進川放水路~藻岩橋~藻岩上の橋~公園橋~豊平川さけ科学館
    • 距     離 : 14.29Km
    • 時     間 : 3.5時間
    • 撮影日 : 2015/8/19
    • アクセス :
        JRバス 米里5条1丁目バス停へはJR札幌駅または地下鉄菊水駅からJRバス白陵高校行が運行しています
    <ビデオ>

    <フォトギャラリー>
    <マップ>

開拓の村・北海道博物館・百年記念塔を巡る-平成27年8月17日

JR新札幌駅から開拓の村や今年リニューアルした北海道博物館そして開道百年を記念して建てられた百年記念塔をまわってJR森林公園駅までのルートを歩きました。途中新さっぽろパウロ病院から野津幌川をわたり開拓の村までは舗装された広い道を歩きましたが(ただし車は通れないようです)国道12号線から入るのが正規のルートだそうです。


<見どころ>
  • 北海道開拓の村
      明治から昭和初期にかけて建築された北海道各地の建造物を移築復元・再現した野外博物館で54ヘクタールの敷地内に歴史的建造物が52棟あります。村内では夏期間には馬車鉄道、冬期間の土日祝日には馬そりが走っているのですわりながら見学できます。また大道芸人の実演、畳職人の実演など伝統技術・芸能・文化に関するイベントや伝統遊具づくり、農作業体験 などの体験事業も行われています。
  • 北海道博物館
      北海道開拓記念館と道立アイヌ民族文化研究センターを統合して2015年4月に新たに開館した北海道の自然・歴史・文化を紹介する北海道立の総合博物館です。
  • 百年記念塔
      北海道開道百年を記念して 1970年(昭和45年) に完成し翌年から一般公開された高さ100mの塔です。塔内の階段で展望室まで登ることができますが、現在安全上の理由で立入禁止となっています。
<データ>
  • 所在地 : 札幌市厚別区
  • 経     路 :
      JR新札幌駅~原始林通~小野幌小学校~下野幌高台公園~新さっぽろパウロ病院~吉村橋~北海道開拓の村~北海道博物館~百年記念塔~札幌啓成高校~JR森林公園駅
  • 距     離 : 6.23Km
  • 時     間 : 1.5時間
  • 撮影日 : 2015/8/17
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>

北郷緑道・川下公園・厚別川を巡る-平成27年8月15日

JR白石駅から北郷緑道や厚別川沿いを歩きJR厚別駅まで歩きました。北郷緑道は途中月寒川で途切れていますが総延長が1.2kmと長く、かつての防風林を生かした自然豊かな緑道です。厚別川の河川敷は花や鳥が多く見られ自然観察に最適です。また水の遊び場やパークゴルフ場があり多くの人が楽しめるところです。


<見どころ>
  • 北郷緑道
      白石区北郷9条7丁目の札幌新道から月寒川をはさんで白石高校の裏まで続く延長約1.2kmの緑道です。途中月寒川があるので川北橋か清栄橋を迂回します。かつての防風林をそのまま利用している自然のままの緑道で散策路やベンチなどあります。
  • 北郷公園
      野球場,パークゴルフ場,テニスコートなどのスポーツ施設が充実している公園です。芝生広場や遊具広場もあり家族づれで楽しむこともできます。現在リフレッシュ工事中です。
  • 川下公園
      1700本のライラックを植えた「花の広場」で有名な面積19.5ヘクタールの広大な公園です。また「リラックスプラザ」には親水プールがあり水中運動やリハビリに最適です。浴室(温泉)も付いています。冬には歩くスキーやスキー山でそり遊びもできます。その他スポーツ施設も充実して多くの人が楽しめる公園です。
<データ>
  • 所在地 : 札幌市白石区、厚別区
  • 経     路 :
      JR白石駅~北13条北郷通~厚別通~旧月寒川と遊歩道~北白石小学校・北白石中学校~札幌新道~北郷緑道1~北郷公園~札幌薬師大仏~月寒川~川北橋~北郷緑道2~中央バス白石営業所~白石高校~川下公園~厚別川~山本栄橋~東川下橋~ひこぼしの像~パークゴルフ場~川下橋~鉄北歩道橋~JR厚別駅
  • 距     離 : 9.05Km
  • 時     間 : 2時間
  • 撮影日 : 2015/8/15
<ビデオ>

<フォトギャラリー>
<マップ>
1 22 23 24